森田童子

ほい。
久々のお勧めです。
70年代に流れていた、いくつもの涙が誘われてしまう,素敵な歌の涙。
俺よりも10歳も上の方でした。
シンプリだけど,,どの曲を聴いても背中から悲しみが溢れてきます。
素敵なおばちゃんになっておられるのでしょう。

さて、お勧めのCDは、、、
「マザー・スカイ "きみは悲しみの青い空をひとりで飛べるか "」です。
e0169088_22142620.jpg

空に向かっていると,十字架が砕けてしまう、、、
そんな、現実を思い続けていながら、でも、きっと未来はいつかやってくるだろう、、、
な〜んていうう、悲しみの中に希望が溢れてくる、そんな素敵なアルバムでございます。

ここでサングラス姿の彼女の春の木漏れ日が聴けまっせ。
素敵なグラサン娘でしたよね。
ん〜で「春爛漫」を聴くと、"HALは遠い"って〜のも分かっちゃいまっせ。
なんてな。

さて、今のホムペです。
で、森田童子研究所を見ると、70年代の日本の音楽世界。。。その素敵さが溢れてきます。
彼女の言葉には、希望が輝いています。
最近ではなかなか昔のアルバムは売ってませんね。
まあ、探してみてください。
あ、でもベストが出てますね。
これでもピキピキの素敵な音楽が聴けまくりますね。
ピアノもギターソロもヴァイオリンもフルートも、何でもかんでもフルフルの心が揺れていってしまいます。
そう、、、1976年のうずくめいてる揺さぶりの渦なんです。
みんなも好きになってあげてくださいね。
ヨロで。

さて,そんな感じで、夜なんかに書いてしまった"昔のMyuZickの世界"でございました。
さて、明日はリハじゃ。
俺らも、がむばりましゅでしゅ。
ほい。
そんなでした。
[PR]
by rock_capybara | 2009-07-10 22:00 | MyuZick | Trackback
トラックバックURL : http://capybarock.exblog.jp/tb/10588923
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 山下洋輔トリオ復活祭 深夜でも良いライブやったやんけ!!! >>