山下洋輔トリオ復活祭

日比谷の駅から行く"日比谷野外音楽堂"は初めてでした。
前は車で行ってましたからね。
まあ、昔の話。
e0169088_13341544.jpg

写真は7/19に行って来た山下洋輔トリオ復活祭です。
でも、ここのホウペ見ると"MAC"だと日本語がグチャグチャになっちまってるやんけ〜。
見づらい。
なのでもう一つ
こっちで何とかなるでがしょう。

さて、、、
俺は高校時代から聴いてたし,普通に見に行けてたのは「山下洋輔トリオ3」でしたね。
坂田明さんと小山彰太さん。
バッチリのグイグイ・フリー・ジャズ・バンドでしたね。
あの頃の曲を聴くと、体中がビンビンに盛り上がれますね。
確かに"ジャズ"だけど、普通のイントロからいろんな楽器達がグチャグチャに演奏されまくる、っていう、、、上手くは書けんけど、体中がグルングルンに回っちまうんですよ。
今回は60代の方も多くて、素敵なフリー好きな方々が集まって来ているという"グイグイ祭り"でしどね。
まあ若い方でも、たまには聴いてみてあげてくださいね。
ヨロシクお願いします。

3の途中、坂田さんがサックスを手に持ったままで"笑えちゃうよ〜な不吉な叫び"の中、小雨がパラリンチョ。
でも、奴らは雨にも似合っちゃうような"素敵んちょなバンド"ですね。
上の写真は、この3人にベースの國仲さんが入っておりますね。
わかんね〜か。

今回は「新しまな方々から」な、順番の祭りでした。
途中に若者も知ってるかもの菊地成孔さんも出てました。
俺らの年だけど,若い頃から山下洋輔バンド好きだったらしいですね。
さて「バンド2」からは、ドラムの森山威男さんがドシャダカラッ!と、叩きまくっておりました。
この人のドラムを見るのは初めてだったんですよ。
カッコいいのは聞いていたけど,そんな事ど〜でもえ〜やないか〜〜〜!ぐらいの前進感でしたね。
あの人は確かにジャズっぽいけど,その中にはプログレも含まれている、という転がり方をしてますね。
プログレなんて聴いた事も無いんだろうけどね。
でも、聴いてなくてもそこにはグジャラグジャラシキドボロドボロテン!!!が溢れてきます。
年をくっても,そこには溢れ出す前進が出て来るのでしょうね。
良いドカシャバも見れたっちゅ。
素敵っちょ。

さて,最後に出演者全員での演奏でした。
全員上手いから,本当に良いラストでしたね。
俺は聴いてるジャズは限られたものしか無いけど、いまだにフリージャズの素敵さは溢れ出ているんですね。
やっぱ来れて良かったな、と思いながら帰ってまいりました。
あ、キアズマ発見。
本番は「40周年おめでとうございます!」から始まりました。
2だから森山さんも見聞き出来まっせ。
ね!良い曲でしょ?
やっぱYouTubeえらいニャ〜。
他にもたくさんの曲が出てきました。
たまには見に行ってちょん。

でも、しょうがないから8人組のグガンも見てあげてくださいね。
すべての素敵さが見えてきますよ。
半年以上経ってこれを追加でございます。。。

はい。
長くなりましたがこんなとこです。
また、ですかね。。

と言いつつの再び。
今日、NHKの吉川晃司に山下さんも一曲だけ出てくれたですよ。
別にキッカワ嫌いじゃ無いですよ。
でも、無理に見なくても、と思ってたら、新聞に"山下洋輔"って出てるやんけ。
う〜ん、まあ彼は歌の上手い人ですけどね。
だけど山下さんのピアノが出てくると、もっともっと素敵に見えちゃいました。
全然フリージャズでは無かったけど,彼のピアノには心が震えます。
見た人なんているかニャ???

さて、この三日間。
50人以上もの人がここを見に来てくれていました。
だから、もうそんなにこれを見る人は減るんだろうな〜。
、、、なので、、、又、これを見た人は、ここのTOPにあるメルアドにメールなんかしていただけますか?
たくさん来るけど「誰が来てるんやねん!」って思っちゃうんですよ。
まあ,無理にとは言わないけど,「見てるよ」な〜んて書いてくださいですよ。
ホンマに長い日記の中で、何を書くんや!ですけどね。
でも、こんなことを書くのは今日だけです。
またなた長くなっちゃいましたね。
ふはは。。。
まあ、、、ヨロピクね。
ピクピク。。
[PR]
by rock_capybara | 2009-07-20 13:00 | Diary | Trackback
トラックバックURL : http://capybarock.exblog.jp/tb/10657202
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< My Bloody Valen... 森田童子 >>