Amon Düül Ⅱ

ドイツを代表する70年代に輝きまくった、ジャーマン・サイケデリック・.ロック・バンド"『Amon Düül Ⅱ』でございます。
'67にドイツに生まれた『Amon Düül』ですが、おそらく'69に政治化関係で2つに分かれました。
それで生まれたのが『アモン・デュール Ⅱ』でございます。

僕のお勧めは'72の「Wolf City」です。
e0169088_1274093.jpg

彼らの音楽は、とっても素敵なのはこの頃ですね。
これ以前の「Yeti 」も悪くないと思いますが、それ以降のアルバムは「うんうん、、、頑張ってるね、、、でもね、、、」な感じです。。。
イエティは地獄という意味の言葉みたいです。
e0169088_12121260.jpg

まあ聴いてもらいましょう。
70年代のライブです。
この頃のヴォーカルの声は心に残る響きが輝いております。
演奏もプログレッシブなヘンテコリンさですよね。

もう一つは演奏無しのWolf Cityです。
「狼の街」は、闇の風が吹き荒れるズドドイッシュな景色の平原ですよね。
背中に何かが突き刺さります。

イエティの中の曲も骸骨の演奏プログレですが、奴らはいまだにやってるんですね。
それが分かった2009年のライブです。
ゆっくり見てると同じ曲になります。
さすがに年齢は上がってる声ですが、演奏の方はプログレなイメージは相変わらず輝いてます。
まあ、途中に出て来るソロ・コーナーも相変わらずなヘンテコリンですけどね。
見に行ったら楽しく見れるでがしょう。
日本には来ないんだろうな。
おそらく。

取りあえず、初期はバッチグ〜な曲をたくさん作っていたお勧めバンドでございました。
ここまででございます。
今日はこの後ユニクロに行って、綺麗に見えるジャケットを探してみて、その後は渋谷で「真人のライブ」を見に行かせて頂きます。
あいつの作曲が素敵なのを「Red Moon」で気がついたから、見るのも楽しみでございます。
ゆっくり歩く練習が、自分の両足の上昇に結びつくと思われます。
ゆっくしゆっくし!!が良い事良い事。。
んんなで。

最後に、最近知った良き香りのタバコ「Icene」です。
こいつになおメンソールを入れ込んでのリハ後のス〜!は素敵な一瞬なり。
e0169088_139574.jpg

[PR]
by rock_capybara | 2010-01-30 12:45 | MyuZick | Trackback
トラックバックURL : http://capybarock.exblog.jp/tb/12057444
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 5バンドすべてがウニウにしたラ... 初の高円寺ライブかな。。。 >>