読めば心が震えるような『永遠の0』かな

仕事場では、本を読める時間が多くなりました。
なので、いろいろな本を読んでいるのですが、今回までは読みながら、細かい事までは覚えていないぐらいに、何となく子供っぽい読み方をしておりました。
でも、今回からはそれが変わりました。
読書がゆっくりと上昇したような感じでございます。


俺がそうなれたぐらいにグイグイッと来る小説が、百田尚樹さんの1作目『永遠の0(ゼロ)』なのでございます。
全部で”575ページ”もある、少し長めの本なのですが、子供頭に取っては無茶苦茶読みやすい小説なのでした。
e0169088_17342799.jpg

「ゼロ」とは「ゼロ戦」です。
そう、戦争関係で活躍していた「零式艦上戦闘機」の事でございます。
僕らが思い出すのは「真珠湾攻撃」ですよえ。
あの攻撃は、ホンマにスゲ~力がありましたよね。
敵には、1つも反撃の出来ないくらいにゼクゼクッと行きましたもんね。
戦争に対する力強さには、凄い力を感じました。

でも、結局負けた。。。
力強さには、少なからず限界がありました。
俺らの世代に取っては「仕方の無い事だ」と思えますが、当時の日本人に取っては信じられない事だったんだと思います。
国民の中には途中から「きっと負けて行くんだろう」と思っていた人も多かったんじゃないかと思いますけどね。
途中からは、米軍のギチギチの攻撃で、火だるまになったような場所も多かったのでしょう。
それで最終的に”原子爆弾”ですからね。
おそらく、全国民が辛〜い気持ちになってしまったのでしょうね。
それが「第二次世界大戦」なのでした。


さて「永遠の0」に関しては、何も書きません。
まあ、みんなサラリサラ〜リと読んで、そんでもって心の底を振るわせたり、ゼロ戦達のパワー感や揺らめき感を知ってしまったり、特攻隊だった祖父の強さを感じてみてください。
まあ、思った以上に早く読めるような小説でございます。
たまには金を出して購入してみる、って〜のはいかがな物でございましょう。
お勧めの小説『永遠の0(ゼロ)』なのでございました。


いや〜、本の読み方も変わったな〜。
ありがたき神の力かな。

さて、以前にこのブログに入れた¥105で買った「バンブー」が大〜きくなって参りました。
e0169088_17364378.jpg

頑張れ!バンブ〜!!!


あ、後で思い出したけど、11/22(月)『OSAKA MUSE』でライブです。

忘れちゃいかんぜよ!
大阪には大阪なりのグリグリさ加減が有るので、皆さんもグラリンチョ!って見に来てくださいね。
そっちも楽しみでございます。
[PR]
by rock_capybara | 2010-10-31 17:30 | Diary | Trackback
トラックバックURL : http://capybarock.exblog.jp/tb/13541835
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< This Mortal Coil NICO Touches th... >>