初日からのDiaryなり。。。

e0169088_14584663.jpg

あけましておめでとうございます。
今年も、いつも以上に楽しい生活を送って行きましょう。
ヨロシクお願いいたします。

年末は仕事も飲み会もで忙しかったので、”カピバラ”も”うさぎ”も、なんとか作り直したのは昨日の事でした。
なんとかなってるでしょ?
やっとの事でチャンとした休日が訪れて参りました。
今年こそ良い年にしていきたいですよね。
頑張り続ければ何とかなるでがしょう。
やったるで~~~!、、、とは言いづらいけど、ゆっくしいきませうせう。。


さて、、、
僕は小説を読む力が、昔みたいに前向きに読めるようになったのでございます。
そんな中、年末に読んだのが「唯川恵」さんの直木賞受賞作『肩ごしの恋人』でございます。
実は、去年も1度読んでおりました。
だけど小説が部屋にあるのは分かっていながら、いったいどんな作品だったか、、、な~んて、全く持って覚えていませんでした。
今年の春過ぎぐらいまでは、文字は読めるけど、頭の中にはそれほど残らないように読み方なのでございました。

それがいきなり、春過ぎには昔みたいに戻ったんです。
自分でもビックリしました。
だから「これだけ普通に戻れたんだから、もう1回読んでみよう」という事で、年末時期にもう一度ゆっくりと湯読み直させて頂きました。


『肩ごしの恋人』の中心は、女の方々の考えていらっしゃる事の世界なんです。
若い頃から、自分はどれだけ前向きに生きよう、、、と、1人1人が別の考え方をしながら生活してるんですよね。
でも、本当に全員の考えている事は違っていますよね。
この作品も、子供時代からの友達同士が、それぞれが全く違った考え方の中、だけどちゃんとした親友同士。。。
そんな物語の話なのでございます。

「欲しい物は欲しい」という気持ち中、だけど結局3回も離婚!なんていう女の子。
前向きに考えてはいるけど、仕事や恋には、なかなかのめり込めない、そんな理屈な女の子。
そんな2人が別々に生活していながら、サラサラ、グジグジ、パキ~ン、トントロリン、、、そんな、諸々の出来事が起こるような物語なのでございます。
男女関係での思い違いみたいな事には、喜びもあれば悩みのあります。
そこには嬉しさもあれば悲しみもありますよね。
バキリ、サラリ、ドヨリ、シャキリン!
なんてね。。。


まあ、これ以上細かい事は書きません。
でも、この人の小説って、とってもとっても前向きな何かが溢れまくっているのが見えてまいります。
女の考える事って、やっぱり男には出来ないようなグイグイな雰囲気があるんですね。
まあ、そんな事が、自分の心の中にゆっくり入って参りました。
良い小説を読むって、本当に良い事ですよね。
とってもとっても前向きにいこうぜ!って思えて来ちゃいますよね。

皆さんも時間があれば、この作品『肩ごしの恋人』も読んでみてくださいね。
”女って大変だけど、自分なりに前向きに考えよう。”って思えて来ますから。
頑張っていったるで~~~!っとかね。。。
ん~な。


年始ながらですが、お勧め小説なのでございました。
長らくありがとうございました。
さて、取りあえず何ヶ月かでどんどん上昇している「バンブー」かな。
e0169088_14562642.jpg

ちっくしょ~!こんなに大きくなってきてやがるぜ~!
良いよね、どんどん大きくなるって。
とっても素敵よ!チュチュッ!!!

まあ、またです。
[PR]
by rock_capybara | 2011-01-01 15:00 | Diary | Trackback
トラックバックURL : http://capybarock.exblog.jp/tb/13912020
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Coldplay デル・ジベットは、多数のカピバ... >>