Cibo Matto

皆さんも昨日の夜中に、サッカーのアジアカップ見ましたか?
もう、ホンマに素敵な試合でしたよね。
さすがに、オーストラリアも足の力は凄い!
途中でゴールぎりぎりも何回かありました。
だけど、それに耐えたままに最後にはゴ~ルですよね。
アジアカップ優勝は、本当に素晴らしかったです。
なので、ゆっくし見ての喜びの中、ぐっすりと寝らせて頂きました。
まあ、今後もバッチシ上昇していきやがれ~!Japan Soccer!!!
ね。


さてお勧めバンドコーナーです。
今日のお勧めは、アメリカを中心に、96年デビューの日本女性2人からなるバンド「チボ・マット」でございます。


まずは1曲、見てもらいましょう。
2人が交互に動き回る「シュガー・ウォーター」。

素敵な女の子達でしょ?
曲もポップだし、心の中がポカポカしてきます。
しかし、頑張って作ってもらえた良きビデオですよね。


取りあえず2曲目にチキンなんていかが?
いや~、ヴォーカリストの歌い方も綺麗だし、ビデオもやっぱしチョビッとヘンテコリン。
だけど、こんなイメージもお好きでがしょ?
変梃なのもグッドかな。


彼らは、途中でメンバーを5人に増やしました。
キーボードの方が、ここでベースを弾いている”ショーン・レノン”と恋人関係であった時期もありました。
まあ、グイグイなライブでも見てくだされ。
グリングリンな歌い方には、気持ちが揺れ動きます。


まあ、じゃー”日本人ならでは”のわさび in TVだね。
この曲も、バッチシ盛り上がります。
英語だから、細かい意味合いも、分かる部分は少ないんですが、”Sci-fi的な辛々ワサビ”と共にお踊りまくる、イェ~なロックだすわな。
ショーンも踊りながらバッチリなベースを弾き捲っております。
もう1人に出て来たコーラス黒人さんも、ググッと盛り上がりながらの良い歌です。


最後にですが、会場ライブ後のインタビューが見れました。
2人の前向きさもよく見えて来る、英語版のインタビューです。


あ~、でももうしょうがないから、始まる瞬間から燃える曲を最後にしませう。
踊り方も素敵だし、1度ぐらいはライブも見てみたかったな〜。
でも、彼らは数年前に解散状態になってたんですよね。
残念無念。

良きアルバムも沢山作ったし、ホンマにカッチョ良いバンドですよね。
まあ、初めて「Cibo Matto」のアルバムを買うなら、、、
e0169088_1965787.jpg

この「STEREO TYPE A」が、初めてでもバッチシな素敵さに出来上がっております。
だけど、どのアルバムも前向きさが凄いから、そのうち”パソ”で安い奴を探して、そんで買ってあげてくださいね。
でも、今の日本の金銭状況が全く良く無い状況ですよね。
だから、ホンマに無理なんかしない方が良いですよね。
うまくパソコンで探したら、タダでもダウンロード出来る状況も本当はあるみたいですけどね。
でもまあ、そんなこと置いておいて、たまにはCDの世界にもお金を払う、、、って〜のは、いかがなものでしょうか。
たまにはね。。。
ヨロシクお願いいたします。

取りあえず、こんな感じの”お勧めロック・コーナー”でございますた。
長らくありがとね!


あ、そう言えば、来週は「南青山マンダラ」だし、再来週は「大阪のMusic Club Janus」での座席ライブだった。
でも、やっぱ楽しめそうですよね。
今回はRose Noireも参加してくれるし、盛り上がるのは分かってますよね。
みんなの、ゆっくし見に来てチョン。

そんな感じで、また!でございます。。。
[PR]
by rock_capybara | 2011-01-30 19:00 | MyuZick | Trackback
トラックバックURL : http://capybarock.exblog.jp/tb/14085619
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 外苑前に響き渡った”怒濤の爽や... 初の「鴨川」へ、Go~~~! >>