外苑前に響き渡った”怒濤の爽やかさ”かな。。。

1年ぶりの「南青山MANDALA」は、晴れた空の下で素敵にライブをさせて頂きました。
あそこは、ライブハウスの中でも音の切れが良い会場ですよね。
細かい問題はあったにせよ、昨日は去年よりもかなり上向きの素敵なライブが出来たんじゃないでしょうか。


ビックリするぐらい、本当に懐かしいのも曲を何曲か出てきましたでしょ?
多分、皆さんもライブを見ながら、笑顔になれたり、悲しみに溢れたり、グイグイに踊りまくりたくなったり、爽やかな気持ちが心を緩やかに流れたり、、、
そんな素晴らしいライブだったんではないでしょうか。

イッセイの美声には、会場ごとに違いが見えて来ますよね。
やっぱり、イッセイの歌の中には、今の時代だからこそ溢れ出て来る力強さを感じます。
揺れる曲には流れ声だし、煌めく曲の中には”グイッ!”と来る気持ちにさせられるし、、、
彼の歌の強さにこそ、DERI ZIBETが力強くなれるのでござりまする。

今回のライブでは、フォークギター+12弦だったし、ピアノ+アコーディオンだったし、見ながらも心が揺れと時が多かったんじゃないでしょうか。
ベースは席が後ろの方だったので、横にサンペの表情が見れてきます。
途中でググッと来るようなカッチョ良いフィルや「変なフィルにしてやりぜ!」って思ってのグニャリな笑顔には、ベースの弾き方も、どんどんに変わっていきます。
なかなか良きリズム隊だったでしょ?ってか?

アコースティックならではの指弾きでございます。
ん〜で、結構強めに弾いちゃってますので、やっぱ指先がチョイ固になっちゃいましたね。
懐かしい指固。
まあ、大阪でもジャキリン!っていきまっせ〜。。。
なので、チョビッと待っててチョン。


さて、今年も髪型がチョビッと変わりました。
美容師の方の新たなり試みも含めまして、本当に初めてなんです、前髪が短くして、真ん中と後ろの方が長い髪型なんて。
ね!期待通りのヘンテコリンさです。
で、最初はう上に延びてるだけの髪型だったんですが、途中の休み時間からは、去年から始めてたエクステが戻って参りました。
まあ、自分にとっては”変な髪型”こそが命なのですから、とても素晴らしい髪型になれたんじゃないかと思っております。
ね!ね!なかなか良いでしょ?俺の髪の変梃さってばさ〜。
ヌププ。。。


でも、そんな良いライブだったんですが、途中で”ベースのコード間違え”すらも何度かしちゃいました。
客も分かッた人もいるだろうし、やっぱりヴォーカリストにとっては、ベースの音程の違いによっては、歌い辛〜くなってしまうんです。
なので、俺は本当に”すまない気持ち”でいっぱいになっているのでございます。
もう大阪では、そんな間違えを起こさないように、毎日毎日それなりの練習を続けさせて頂きます。
本当にごめんね!みんな。。。
やっぱり上昇せねばならぬのは、俺の演奏という物がが1番なのでございます。
これからは今まで以上に、細かい事すら気をつけていきますです。
「ゆっくしゆっくし練習練習、そしてゆっくし期待通りの素敵なベーシスト。。。な〜んて、そんなのを目指せよ〜!俺!!!」でござりまする。


ライブの途中に「RoseNoire」が12曲ほど共演でしてくれました。
ヴァイオリンの音が登場して来ると、やっぱりいろんな曲自身の聴こえ方も大きく変わってまいります。
あの2人の演奏には、普通のロック界とは違う”揺れるような流れ”や、”そそよぐような優しさ”や、”シャキリンとした前進感”が付け加えられてきます。
一緒に演奏しながら、俺のベースの弾き方も、そこに合わさって流れ出ていきます。
でも、本当に良いライブが出来たのは「RoseNoire」の力も大きいですよね。
いつも一緒にやってくれて、ありがとんえ!
大阪も頑張りましょうね。
ヨロピク!


しかし、2年目のアコースティック・ライブは、本当に素晴らしいライブが出来たな〜!と思っております。
"DER ZIBET上昇への第1回目のライブ”なののでございます。
いろいろなライブを続けて行けば、全くもっての個人的な願望の"デル・ジベットが少しずつの上昇”という物が見えて来るに決まってます。
今の日本での、昔とはチョビッと違ってしまった"難しき音楽の世界”をなんとか変えて行きたいですよね。
その為にデルジも重要な位置にいると思ってます。
だからこそ、少しずつでも上昇が必要なんです。

他のメンバーに言わせると、俺の"強き期待”は悪い事ではないのだそうです。
だからこそ、強き期待を続けていきます。
そうでなければ、あれだけ素晴らしいCDを作り続けていく意味すら無いじゃないですか。
今年も素敵なCD作成は待っています。
多分、ファンの方々にとっては、期待通りの素敵さなのは分かっております。
でも、それだけでは駄目なのでございます。
近いうちに見えて来る事も、ゆっくり期待しております。
その為への、何らかの行動の必要なのかも知れません。
でも、そうそう、焦らない焦らない、、、でも、そのやり方を探してみる、っていうのも必要なんですよね。
あ〜、、、長く書いてしまった。。。
ごめんね。


まあ、次の
ライブは「Music Club Janus」です。
完全に初めてのライブハウスなので、会場への期待も溢れ出てきます。
DER ZIBETも、今回の東京編ライブ以上になれるように、シャラリ〜ンと頑張っていきますよ。
皆さんも楽しみに見に来てくださいね。
まあ、ベースも今回みたいな”チョビッと間違え”なんて絶対にしませんからね。
そして、大阪ならではな”変梃リズム”に期待していてくだされ。
ほんとにみんなで、ゆっくしと楽しみましょうね。
ヨロピクピ〜ヒョロロでござりまする。

では大阪で!
[PR]
by rock_capybara | 2011-02-06 22:30 | Diary | Trackback
トラックバックURL : http://capybarock.exblog.jp/tb/14146737
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 緩やかな美声に溢れる、初めての... Cibo Matto >>