忌野清志郎

三週間も経つのに、いまだに地震は終わらないですよね。
寒さに耐え続けている人達を、強く応援しながらですが、今日も”お勧めミュージシャン・コーナー”をやらせて頂きます。


ビックリするぐらいのいきなりで、この人が亡くなってしまった時には、僕も本当に悲しい気持ちにさせられていました。
何時だって素敵な歌声でグイグイに踊り捲る男『忌野清志郎』でございます。
e0169088_1852627.jpg

彼の叫ぶ時の声に、俺の心もグイグイに踊らせて頂きましたです。


まずは「スローバラード」です。
3年前でも素敵でしょ?
この曲を聴くと、悲しみすら溢れてきますよね。
でも、やっぱり素晴らしい名曲だと思いました。

さて、いきなりですみませんけれども、この曲をサンボマスターと一緒に歌ってました。
忌野さんの世界って、歌う人によって聴こえ方が違ってきますよね。
だけど、サンボの声でも、心の中は動いてくれます。

しかも「UA版」も、見つけました。
いや~、女の人の声だと、物語の世界も変わってきますよね。
でもやっぱ、UAは素敵な歌い方です。

この曲の最後ですが、「RCサクセション時代の1990年野音版」はどうでしょう。
彼らの、若さ故の素晴らしさは、いまだに素晴らしく見えます。
ギターCHABOさんの素敵さも見えて参ります。
この人のギターは、俺も本当に好きでした。
良い感じ。。。


さて、次はやっぱ盛り上っちゃうような「雨上がりの夜空に」でも見てもらいましょう。
「どうしたんだ?ヘヘィベイベ~!」だしょ?

ウオッ!物凄いヴォーカリストの雨上がりの夜空だ!
ヴォーカルは、泉谷しげるさんとCHAKAさん。
そして、11年前かに亡くなってしまった「BO GUNBOS」のどんとだ~〜〜!
み〜んな歌い方は素敵ですね。
良いもん見つけたかも。


さて「RCサクセション」時代の、もう1つの名曲「トランジスタラジオ」はいかがでしょう。
これを聞いてると、屋上で寝転んでみたいくなっちゃいますよね。
良き前進性かな。。。


次の曲は井上陽水の曲なんですけど、実は忌野清志郎さんが作曲したんですね。
2人で歌う「帰れない二人」でございます。
お喋りも含めて、ゆっくし見てくだされ。
ライブ前の風景が、鮮明に見られますよ。
楽器を演奏し始める前って、こんな感じでございます。
いや~、ライブ中の喋りも素敵だな〜。
忌野が歌うと、やっぱり曲の世界観も変わってきますよね。
あ!大笛を吹いとる。
ププ!!


メンバー達の凄さで「夢の中へ」を見るのも良いでしょう。
メンバーは井上陽水と忌野清志郎、ベースに細野晴臣 、ギターは高中正義です。
凄げ~メンバーだよね。
柔らかきポップな名フォークなり。


あ!昔のテレビ版の「い・け・な・いルージュマジック」だ。
坂本龍一と共に出演ですが、2人ともヘンテコリンな格好で出演です。
もう30年前かい。
懐かしいですよね。
あ、この4人でのインタビューかい。
素敵な変梃さ!
長く見てると、1曲で2回も出てきちゃいますです。
ゆっくりね!


いや〜、本当に長い間見て頂いて、本当にありがとうございました、
それでは最後です。
あのジョン・レノンの名曲「イマジン」」の、清志郎バージョンにさせて頂きます。
彼が歌う言葉達。
そこには、いきなりの涙も溢れ出て参ります。
亡くなってしまったお2人の、音楽の世界に対する心の力強さに、あなたの心も揺れ動いて来るでしょう。
”ひとりぼっちじゃ無い”んだから、”笑っちゃえば良い”んですよね。。。


いろいろな素敵な音楽を聴きながらですが、今日のお勧めコーナーを終わりにさせて頂きます。
さすがに今日は長くなってしまいました。
ゆっくり見てくださって、本当にありがとうございました。
それでは、また来週という事で。またです。
[PR]
by rock_capybara | 2011-04-02 18:15 | MyuZick | Trackback
トラックバックURL : http://capybarock.exblog.jp/tb/14537201
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 岡本太郎さんは、生誕100年な... 皆さんも踊り捲って欲しいよ!『... >>