The Velvet Underground

多くの人々の愛し続けている、67年から世界中に幌まり続けたバンド
ベルベット・ウンダーグラウンド』が今日のお勧めでございます。

「20世紀のロックの陰」とさえ言われて来た、彼らの音楽には、”素敵なポップ”や”歪むグランジ”や”響くノイズ”や”前進的グラムや”、、、そんな、ありとあらゆるロックの世界が広がっておりました。


まあ、まずは「サンデー・モーニング」でも見て頂きましょう。

これは、おそらくルー・リードさんの声でしょうね。
若い時から、彼の歌には滑らかさが溢れています。
良きポップ!


じゃー、次は「ジョン・ケイルさんの声でも聴いてもらいましょう。
シスター・レイ」でございます。

良いよね、グチャラゲさに蠢くロックの世界って。
彼の歌い方には、ルーさんとは全く違ったポップさが揺れています。
映像が無くても楽しかったでがしょ?
良いよね、ヴェルベットのグチャさは。。。
うわぁ、、、17分かい。
ビッッックリした!


では、時々ヴォーカルで参加していた「ニコ」。
彼女の歌い方を見ながら「ファミ・ファタール」でも聴いてください。

「男を破滅させる魔法の女」という意味のタイトルでございます。
重みもあるけど、なだらかさも含まれる、そんな魔法のような世界ですよね。
この人の歌には、胸がキュンっと揺れる事があります。
ソロも素敵なので、たまには聴いてあげてくださいね。
ヨロピクです!


それでは、このバンドの曲の中で、最も前向きな力が溢れて来る曲「ヘロイン」のアコースティックはいかがでしょう。
ヴァイオリンもナラリと流れているし、ルーの歌も、曲の蠢きの中で、ザバラ・シャビリ・ズブリシャン!と揺れ動きます。

このバンドは、曲の作り方が凄まじいですよね。
どの曲もホンマ好きになるし、どの曲でも肩や首が揺れ動いちゃいます。
みんなも揺れちゃう???


では最後に1975年。
インタビューも含めた1時間半ものヴェルヴェット周辺でも、ゆっくし見てあげてくだされ。

そりゃ〜20代です。
みんなシャキっとした痩せ顔だこと。
う〜〜〜ん、やっぱ綺麗な顔立ちですよね。

まあ、本当に時間が長いので、本当に時間がある時にでも、ゆっくしどうぞ!!!
あ!アンディー・ウォーホルも出て来た。


いくつかの曲を見て頂きましたけど、諸々、素敵だしょ?
いや〜!『The Velvet Underground』は素晴らしいバンドだったこと。
ね、良かったでしょ?

まあ、取りあえずこの辺で終わりにさせて頂きます。
今日も本当にありがとうございました。
また、数週間後という事で。
お疲れです。。。
[PR]
by rock_capybara | 2011-06-12 12:20 | MyuZick | Trackback
トラックバックURL : http://capybarock.exblog.jp/tb/14940146
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 怒濤の夏のような渋谷イベントに... デビューの年に買った「羊をめぐ... >>