ヴォーカリストの歌には、来年からの希望も溢れておりました。。。

今週も、新アルバムの録音日がありました。
ヴァーカルの数曲録音日でございました。
いろんな曲達は今聴いても、とっても溢れている曲の数々で、ヴォーカルにも期待が高まります。
だけど、本当に素晴らしい録音でございました。

録音の始まりには、曲を心に入れ捲る気持ちから始まります。
メロディーがムツカしい部分も沢山ありますので、歌い方にも、それなりの努力が必要でございます。
歌詞に対する気持ちも、曲ごとに全く違った世界が広がっていて、一言ごとに違う”希望”や”悲しみ”や”喜び”などに、その曲に対する作者の心が見えて参ります。
その気持ちに合わせた歌い方の違いにも、ヴァーカルのその曲ごとの気持ちが必要なのでございます。


だけど、何回か歌い続けているうちに、そのメロディーの中には、心に染みるような感動が溢れてきます。
ISSAYの歌い方に対する気持ちは、本当に去年以上に上昇し始めております。
1曲出来上がるごとに「ウワ~!こんなに素敵な曲だったのか~。。。」な~んて思う事の連続で、曲によっては、すぐにでもライブでやりたいような気持ちが溢れてきました。
彼の歌い方に対する気持ちは、普通では考えられないぐらいの力強さを感じさせて頂きました。
そうなんです、彼の上昇は、既に始まったいるのでございます。

今すぐにでも皆さんに聴かせたいような曲ばかりで、お待ちいただいている皆様には、本当に申し訳ない気持ちが一杯でございます。
だけど、来年の春ぐらいまで待っていてくだされば、皆さんが”今年抱き続けている期待”以上の曲達が、あなたの部屋にも訪れて参ります。
何時も以上に、、、って言うか、もう、”いっつも以上”にです。
”いっつも以上”に待っていてくださいね。
でも、これからまだまだ、ギターやキーボードの録音も続いていますし、曲によってはベースの録音も待っています。
デルジのメンバーの録音の力を含めて、完全なる大名曲が集まって来ておりまする。
良い曲ばかりなので、本当に素敵なアルバムになっていくでありましょう。

個人的な『デル・ジベットの上昇』が、完全に見えて来ています。
今までも、素敵なアルバムを作り続けていたのですが、今回のアルバムは、本当にこれまで以上なのでございます。
本当に楽しい1年が、もう、すぐに来ますよね。
焦らず、騒がず、ピョコンと飛び上がらず、、、
1912年からが、新しい『デル・ジベット』の始まりなのでございます。

そうです、その前にライブですよね。
まだ1ヶ月半もあるのですが、12月24日には高田馬場に、もしかしたら新曲も含めて訪れて来るのかも知れません。
皆さんと共に、素敵だった”2011年の納め会”を楽しみましょうね。
全く持って、素晴らしいライブになるでありましょう。
笑顔を持って、みんなで楽しみましょう!!!!

最後に、今年だから今まで以上の味に上昇した『新焼酎』で、終わりにさせて頂きます。
e0169088_17395629.jpg

知人に送るなら、一升瓶が素敵だと思います。
神様!
今年こその”上昇美味芋焼酎”をお授け頂いて、本当にありがとうございました!

それでは、また。。。
[PR]
by rock_capybara | 2011-11-19 17:40 | Diary | Trackback
トラックバックURL : http://capybarock.exblog.jp/tb/16854104
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Pink Floyd 40代最後の年に、今だからこそ... >>