今後が本当に見えて来るライブをありがとう!!!

昨日こそが『Der Zibet』の上昇の1日なのでございました。
そんな「MARZ」のライブに来てくださって、本当にありがとうございました。

しかし、思いもよらなかったのはドラムです。
まさかライブの1週間前に、サンペが出演出来なくなるなんて。
事情はあるにせよ、これほどライブに近い時期になるとは、メンバー全員がビックリするような状況でした。
どうにかしなければならないような状況になってしまっていたので、ヒカルさんが別のドラマーを探し出してくれました。
彼は「観世」というドラマーなのでございます。
e0169088_180355.jpg
名前を聞くと、”能”の”観世流”を思い出してしまうんですが、彼はバンドもやりながら、ドラムの先生をもやっておられている方なのでございます。
年齢的には、ファースト・アルバム「紫色の舞踏会」の発売のちょっと前ぐらいに生まれた、今まででは思いもつかなかった若人の登場なのでございました。
残りが1週間しか無かったし、リハも毎日は出来ないような状況で、あれだけ沢山の曲をリハーサルごとに覚えていってくれましたので、本当に僕も、感謝の気持ちで一杯なのでございました。


そしてライブです。発売前
今回は「ROMASOIDO I 」発売前なので、新曲だらけなのでございます。
でも、聴いたことの無かったような曲でも、あれだけの良いライブで聴いただけでも、アルバムの素晴らしさが分かって頂けたんじゃないでしょうか。

どの曲のハードさにも輝きが見えたでしょうし、途中のバラード・コーナーの曲も心の中にググッと入ってきたでしょ?
ベーシストとしては、最も気持ちが盛り上がれたのは、ドラマのリズムの素晴らしさです。
リハーサル以上の”ズンシン感”を感じさせてくれるような、ライブに対する前向きさが、本当に凄いんです。
後半のハードなスピード感には、ベースを弾く上での頑張りをも呼び起こされてしまいました。
ライブを見ただけで、皆さんも彼の素晴らしさが見えたでしょ?
良い人がやってくれて、本当に感謝の気持ちで一杯なのでございます。
音楽神様!サンキュ〜・ベリー・マッッッチ!!!


今回は、ニューアルバム「ROMASOIDO I 」の発売から1ヶ月前であるにもかかわらず、ライブに来てくれた方々には発売する事にしました。
皆様も、嬉しそう笑顔で「ROMASOIDO I 」買って頂いて、家に帰ってかは何度も聴いて頂けていると思います。
曲を聴きながら、ライブでのシーンを思い出しながら、どの曲にも素敵さが見えて来たと思います。
そんな素晴らしいアルバムを『Der Zibet』は作り上げたのでございます。
良いミニ・アルバムが作れて、本当に良かった!


さて、次は大阪です。

4月8日(日) LIVE SQUARE 2nd LINE

大阪ならではの、別の喜びが溢れて来ると思っております。
関西の方は当然ですが、それ以外の地方からでも、どんどん大阪まで遊びに来てくださいね。
その日にしか味わえないような、素晴らしいライブが待っておりますから。
イッショクタンに楽しみましょう!
ね。。。


しかし、本当にバッチシなライブでしたよね。
期待心を持ったまま、ライブを見に来てくださって、本当にありがとうございました。
当然のように『Der Zibet』の上昇への第一歩なのでございます。
少しずつでも前進感を持っていれば、必ずやって来ります。
やって来るに決まってる!って、僕は本当に信じ続けているんですから。
いい日が来ますよ。
本当に来る事を、心から信じています。
必ず。。。
です。

それでは、また!
[PR]
by rock_capybara | 2012-03-26 18:00 | Diary | Trackback
トラックバックURL : http://capybarock.exblog.jp/tb/17611210
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< The Pop Group Easy Star All*S... >>