晴天なる大阪ライブへようこそ!!!

4月8日は、とっても良い天気でしたよね。
これだけ日本中が晴天になれたなんて、本当に久しぶりでございます。
ホンマに良き天気の中、大阪で『Der Zibet』のワンマン・ライブがやって来ました。
場所は福島の「2nd LINE」でございます。
今回は、ライブに来てくれた人にだけ、ミニ・アルバム「ROMASOIDO I 」を発売させて頂きました。
ライブは、新曲だらけの素晴らしいライブになりました。


しかし、ライブでガンガンに盛り上がってくれる大阪のファンの姿って、とっても良い感じですね
東京のライブとは全く違った前向きさには、メンバー全員もグ〜ン!と盛り上がります。
新曲を含めてのライブは、今回が2回目でした。
でも、前回のライブよりも、新曲の持ったいる素敵さが、心の中に入り込んで来てくれます。
素晴らしきライブやらせて頂いて、本当にありがとうございました。

メンバー全員も、今まで以上の素敵な演奏をしてくれました。

"Issay" のヴォーカルの響きと、彼の素晴らしき笑顔にも、みんな ドキュ~ン!ってやられちゃたでがしょ?
とっても良い感じの、グイグイ歌声でございました。

"Hikaru" くんも素敵です。
本当にザッキンザキンなソロだったし、リズム隊のスピード感を盛り上げてくれます。
ステージ全体を、ホンマにキランキランに輝かせてくれました。

"Mahito" だって素晴らしい。
ヴォーカルの裏側に潜みながらも、シャキリ~ン!ってしたような音質で、メンバーを支えてくれました。

それに加えて、新しきドラマーの "Kanze"です。
今回のリズムは素晴らしかった。
全ての曲を覚えてくれたのは、たった3週間前です。
なのに、彼の持っているヴェリ~・ニュ~・ドラムの世界には、俺も素敵なリズム感を感じさせてくれました。
特に、後半のスピ~ド感の凄まじさ!
俺の心も、ググッと来ましたね。
ベースを弾くのもムツカしい「TOUGH」でさえ、今までのスピードよりも速かった!
でも、その凄~く前向きなリズムで、心の中も揺れ動きます。
あれだけの素敵な速さの中、僕も、ジャカラカダッ!って弾き捲らせて頂きました。
いや~、あんだけ速〜いリズムでも、ちゃ~んと弾けるようになれたんだ。。。
細かくも弾き捲れた時から、自分のベース演奏の前向きさにも、本当に感動させて頂きました。
見ながらも、良い感じで踊れたでしょ?
"Kanze" の良きリズムで、全部の演奏を支えてくれた訳でございます。


今回は、なるべくファンの方々にも盛り上がって頂けるように、本当に前向きな笑顔を見させて頂きました。
途中からの首をグイングインに振り乱して、髪がシャバシャバに乱れて、、、
それで、色も少し増やしてしまった”エクステちゃん”がシャキンシャキンしてくれました。
どうでした?
おそれくみんなも楽しんでくれたんだろ〜、、、って信じまくっておりまする。
本当に盛り上がって頂けたなら、僕も本当に嬉しい限りなのでございます。
チョビッとだけ、首辺りも痩せて来たように見えたでがしょ?
良い感じの前向きなのでございやす。。。


今回も、たくさんの方々が見に来てくださいました。
見ながらも、本当に良かったでしょ?
”大阪ならでは”のライブだったと思うんですが、東京ライブとは全く違った、本当に素敵なライブが出来たと思っております。
そうなんです。
もう始まってるんです、僕が本当に信じまくっている『Der Zibetの上昇』が。
前から申しておりましたが、今年こそ『Der Zibet』が日本中に広がり続けて行く年なのでございます。
本当なんです。

長〜い時間、信じ続けている事は、本当に素晴らしい事なんです。
日本中の音楽の世界が良き年になれるのは、2012年なのでございます。
前より信じ続けている事なんですが、ここに見に来てくれてる方々も、もっともっと、僕以上の確信を持っていってくださいね。
当然のように、『Der Zibet』も上に登ります。
そう、神様も陰から支えてくださいます。
んにゃろ~!ってな感じで、前向きに続けて行くバンド。
それが『Der Zibet』なのでございます。

う〜む、言い過ぎか、、、ニャ?

そう、今年は以前よりも難しい音楽時代になってしまいました。
だけど違うんです。
僕たち『Der Zibet』が、日本全国の音楽の世界を、必要以上の上向きに登らせていくのは決まってるんですから。
努力も知識も必要だ!って思うんですけど、歌や演奏の前進力も、しれよりもっと必要なんです。
だけど『Der Zibet』には、そんな物凄い力強さが控えていると思うんです。
その控えた物凄さが、今は既に見え始めております。

あれだけの素晴らしいライブは、本当に日本中の人にも見て頂きたい。
今年こそ上向きをやりきれば、来年にはそうなれるに決まってるんです。
僕のやるべき前進感は、思ったと売りに信じ続けて行く事なんです。
良い感じで信じて行きますので、皆さんも笑顔で共に信じて行ってくださいね。
それも含めて、今後もヨロシクお願い致します。

最後に、サンペが戻って来てくれた時の、彼の笑顔を祈り続けつつ、、、
それでは、また!
[PR]
by rock_capybara | 2012-04-15 13:40 | Diary | Trackback
トラックバックURL : http://capybarock.exblog.jp/tb/17779500
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< おまけ・タバコ The Pop Group >>