初めて訪れた『万座』への旅!!!

想像通りに、3中仲間での旅行でございます。
今回の旅は、初めて訪れた『万座温泉』なんです。
スキーでは有名ですよね。
場所は、草津から山を登った所にあるのですが、以前は草津には何度も行っていたんですが、『万座温泉』なんて、全く持って知識もありませんでした。
でも今回は、"温泉"と"卓球"で探し当てたら見つかったのが「万座プリンスホテル」なのでございました。


毎回のように、車で始まる旅行です。
関越から上信越で”軽井沢”へ!
そして、我々が車で行くべき美味蕎麦店「かぎもとや」からが、今回の旅行の始まりでございます。
e0169088_21342844.jpg
やっぱし「天ぷら蕎麦」ですよね。
天ぷらの美味めだし、蕎麦は太めでの名品なんでございます。


昼食後は、山道をサラリと北へ。
時間をかけての”万座”なんですが、時間的にも早めだったので、坂をもうちょっと上っていきます。
そして着いたのが、草津に行ってた時期にもお1度だけ行った事のある「白根山」なのでございです。

そこで待っているのは、当然のように”山登り”です。
知る人ぞ知る「白根山 湯釜」への、ゴツゴツとした坂道がそこにあります。
坂の入り口には、年老いていると欲しくなる”ステッキ”が、数十本並んでおりました。
手すりも無いし、ステッキ・サンクス!な人も多いとは思います。

僕は焦らずに、自分の持ってるステッキで、ゆっくしの坂登りです。
両足共に、膝を上げるのには努力も必要です。
でも、以前よりは足も上がりやすくはなって来たので、時間はかかりましたが、ちゃ~んと転ばずに湯釜まで登らせて頂きました。
e0169088_21351959.jpg
綺麗な湯釜です。
人は多かったんですけど、その内下りる人も多くなって、空いて来たので、グルリと周りを眺めさせて頂きました。
e0169088_21354919.jpg
で、実は”iPod”で映像を撮らせて頂いていて、帰ってから見るのが楽しみだったんですが、本当に事情が合って、映像自体を削除してしまったんですよ。
ブログで皆様に見せたかった映像が、今回も幾つか合ったはずなんですけど、本当に個人的な間違えで、映像を消してしまったんですよ。
本当に申し訳ございません。
ここも、グルリと見渡せるはずだったんですけどね~。
本当にごめんなさい!
まあ、”iPod”自体の勉強にはなったんですけどね。
次回からは、そんな駄目な事にならないように、気をつけて行きたいと思っておりますので、期待していてくださいね。
でも、今回の場合は”連続メンゴ”になってしまったので、今回は、映像の事だけは忘れてしまってくださいね。
ヨロシクお願い致します。


さて、「白根山」を楽しんだ後に、やっと「万座プリンスホテル」への到着でございます。
チャンとした作りの中でゆっくりしてから、すぐに温泉なのでございます。

広めの内風呂でしたけど、ちょっと入ったら、すぐに露天風呂へ!
硫黄泉の力で、天然のにごり湯が白く輝いております。
露天は、男女混浴になっているので、タオルを巻くか、共有用の服を来た女性も入って来れます。
でも今回は、誰も入って来ませんでした。
おそらく、女性用の温泉にも、露天が含まれているのでありましょう。
あ!撮影した写真も、捨ててしまった。
う~む、でもホテルでは疲れていたんだろうな~。
でも、本当にごめんなさい。


ん~で、実は卓球なんです。
卓球場での30分の卓球大会です。
まあ、1人以外は上手くは無いので、ゆっくしな卓球でしたけ。
僕も中学時代にはなかなか戻り辛いんですよね。
目と筋肉の不足なんでしょうが、まあまあそれなりには、チョビッとは戻り始めてはくれました。
でも、女性は少しは普通に近い動きでしたね。
全部とは言えませんが、見ていて面白いぐらいの試合もありました。
まあ、普通の筋肉痛にはなりましたが、もう、すぐに30分です。
もしかしたら、以後の旅でも遣る時もある、、、かも知れません。
まあ、どうでも良いんですけどね。
ぬぷ。。。


さて、夕食でございます。
レストランに行ってのフランス・コースにしました。
メインは、どの人のも美味そうでしたが、僕は”群馬の豚”と書いてあったので、豚のコースにしました。
榛名と書いてあったので、榛名湖辺りでも育てているんでしょうね。
でも、豚の味はバッチグ~!でした。
味付けも良いし、豚の香りが、とっても口の残りました。
赤ワインも、二十歳の頃の”赤プリ”でのバイトを思い出します。
豚の美味いしワインも素敵。
まあ、良き夕食でございました。


その後は、買っておいたビールと共に、持って来てくれていたゲームです。
難しいのもあったし、その時の具合によっては勝てたりする事もあったし、旅行的なゲームさんでしたね。
終わったのは、時間的に23時過ぎてたし、人によっては早めに睡眠者もいたり、僕の場合は、TVを見ながらの BEER & VIV or BASIC です。

その後、1時ににゆっくしな睡眠だったんですが、今回は、なかなか寝られませんでした。
でも、多分2時半過ぎぐらいには寝られたのかも知れません。
まあ、朝は風呂は入らない予定だったので、ゆっくし寝れれば良かったのですが、何故は6時前ぐらいにトイレで起きてからは、もう1回寝る事は出来ませんでした。
なので、3時間ぐらいしか寝てませんでしたね。
でもまあ、睡眠不足とはいえ、問題無い1日にする事が出来ました。
まあこれも、どうでも良い話なんですけどね。
ヌフッ、、、ミュ~~~。


そして次の日です。
でも、朝起きてみると、窓の外の風景が全く違て見えるんですよ。
e0169088_21365886.jpg
e0169088_213788.jpg
e0169088_21373889.jpg
夜だと見れなかった、窓の外の山々の綺麗さにはビックリしました。
あ~~~、この時も映像一周ぐるりと撮ったんだったな~。
う~む、、、ホンマに残念無念です。
ホンマに、全く持って申し訳ございませんです。

でもね、しばらく時間が経つと、雨も強~くなって来ちゃうんですよ。
窓の外を見ると、完全に"霧の嵐"になてしまいました。
e0169088_21391693.jpg
あれだけ素敵だったのに、こ~なっておしまいかい!
昨日の夜景よりも、完璧に霧々になってしまいました。

まあ取りあえず、風呂に入った人を待ってのモーニングでございます。
問題無くサラリとモーニングを食って、これで「万座プリンスホテル」は終了になりました。


さて、実は配られていた「温泉めぐり 手形」。
e0169088_21395864.jpg
これにシールが2つくっついていて、プリンス系のホテルでの温泉には入れる環境になっておりました。
なので、みんなで場所決めになりました。

いろいろ話してから、前もって入りたく思ってた「万座高原ホテル」に行く事になりました。
e0169088_21403189.jpg
石窓露天風呂は、ホンマに素敵でございました。
e0169088_2141287.jpg
e0169088_21411577.jpg
e0169088_21413095.jpg
女性も、タオルを巻いて数人が入ってましたし、”打たせ湯”も、3つに分かれて落ちていましたが、落ち方がそれぞれ違う動きになってましたね。
座る場所によるんでしょうが、真ん中の”打たせ湯”は、頭に直接落ちて来るという”縦動き”でしたね。
どうでも良いんですけどね。

喜んで騒いでる女の子が、風呂の中で”タオル”をグルグルと回らせながら「ヘ~ビ~!」なんて叫んでおりまいたね。
その子を連れていた女性の、体のサラリとした細さにピピッと惹かれつつ、露天に座っていると足が熱くなり過ぎちゃうので、その露天の横にチョコンと座ったりもしました。
気持ちの良い”にごる湯”に暖まりながら、長い間、そこにいさせて頂きました。
ここは良い温泉でしたね。


そこを終了後は、車の中で悩んで決めた「万座ホテル聚落」に行ってみました。
でも、行ってみると土曜日だから、ちょうど入れない時間になってしまっておりました。

まあ、しょうがないので探したのが「万座温泉日進舘」でした。
車で行くには少し悩んじゃいましたが、問題無く到着しての、すぐに温泉です。
"10分弱”歩いた場所にも露天風呂があるらしいんですが、連続だから、そこまで行かずに館内での入浴になった訳ですございます。

温泉はちゃんとしてましたが、やっぱり小さな露天もありました。
小さな風呂が2つ並んでいて、全部で6人も入れば"一杯いっぱい"な露天でございました。

        手前側の「姥苦湯」(何て読むんじゃ?)
e0169088_21422392.jpg

いや〜、でも、この露天の温度の素晴らしき柔らかさには、今までの温泉の中でも最高なんですよ。
おそらく40°ぐらいの”ぬるさ”なんですが、このくらいの温度の風呂が、僕はやっぱ1番好きですね。
おそらく、40°の風呂に、30分ぐらいしゃがんでいる事で、体はゆっくしと暖まるし、内蔵関係にも、とっても良い方向なのだそうでございます。
なので、そこにしばらく僕ら3人がしゃがみ続けてしまいました。
気持ちん良かったニョ〜。。。


そんな感じの楽々な連続温泉は、ここで終了にさせて頂いた訳でございます。
まあ『万座温泉』は、とっても気持ちの良い”にごり湯”に囲まれた、素敵な温泉地域なのでございました。
その内、機会があったら行ってみてはいかがでございましょう。



その後は、時間的な事を考えつつ、そのまま草津を越えて、東にグル~っと戻って来つつ、前の日から”少しだけ行きたいかも!”と思っていた、伊香保にある「ハラ ミュージアム アーク」まで行く事にしました。
e0169088_21451081.jpg
行ってみると、建物の作り方自体も素晴らしいし、良い感じのアートの世界になっております。
流石にお腹も空いて来たので、入り口にあるカフェで、それぞれが素敵なライチです。
パスタの作り方は美味い店でした。

そしてゆっくりと、アートの世界を見させて頂きました。
いろんな人達が作り上げたアートな世界が広がっているんですが、僕が見た印象では「う~ん、、、まあ、面白いアートもあるんだけどねぇ」って~な印象でした。

個人的に期待していたのは、草間彌生の「ミラールーム(かぼちゃ)」という作品が見たかったんですけど、実は、今の時期的は、そこに入れないような状態になってしまってたんですよねぇ。
そんな状況で僕は「う~ん、そうか、、、まあ、しょうがないのかもね〜」って~な感じでの終わりになってしまいました。

アートなので、中では撮影が出来なかったんですが、外にもあったので撮らせて頂いた写真をどうぞ!
e0169088_214412100.jpg
e0169088_21442542.jpg
まあ、車で通って、ん〜で時間も余っていて、、、な〜んて時だったら行ってみても良いんでしょうけど、無理に遠い所から行く必要は無いのかも知れません。
でも、アートはそれぞれ素敵なのもありましたけどね。
ん〜なです。


取りあえず、、、
帰りの高速は、大雨と霧の嵐でした。
e0169088_2146194.jpg
運転してて、どこまで走らせていても”連続の霧”です。
でもまあ、東京近くまで帰って来ると、小雨になってくれました。
いろんな事はあったけど、それなりの問題無きの帰りなのでございました。


う〜ん、でも、良い旅だったな~。
沢山の露天にも入れたし、湯釜までの坂道も登りきれたし、最後のアートもそれなりに見れたし、それなりに楽しかった旅行が出来ましたよね。
いまだに温泉の”にごり湯”の香りが、体中に残ったままになっちゃってるんですけどね。
まあ、良い感じの香りか、、、ニャ?

長い時間見て頂いて、本当にありがとうございました。
取りあえず、これで『万座温泉』の旅日記は、終わりにさせて頂きます。

次は、2週間先の「SHIBUYA REX」で、お会い致しましょう!
それでは、また!!!
[PR]
by rock_capybara | 2012-06-18 21:45 | Diary | Trackback
トラックバックURL : http://capybarock.exblog.jp/tb/18205429
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 期待以上に晴れ渡る渋谷へようこ... YouTubeで、イッセイのイ... >>