カレーの名残勉強の為に「歴史民俗資料館」へGo ! ! !

休日に、足腰鍛えの為に、母と一緒に行って来ました。
中野区が作ったという「歴史民俗資料館」へ。

場所は”江古田”と書いてありますが、駅で言うと”沼袋”から7~ぐらいの所でございます。
イヤ~、行くまでの道での暑さ強かったので、ホンマに汗だくです。
まあ、館内の冷房は良い感じで、嬉しい限りでございました。


予定通りの「インド・カレー 中国展」
e0169088_18401544.jpg
おそらく中野周辺の方が、明治時代にインド”を訪れて、カレー作りの諸々な品々を持って帰って来たみたいですね。
そんな諸々があってから、日本ににおいての"カレーの歴史"が始まったんだそうでございます。
まあそれなりに、中野区が作ったカレーの勉強にはなりますが、だいたい1部屋ぐらいの小さな勉強でした。

でも、ですが、、
写真が小さめで、本当に申し訳ありません。
実は、携帯電話が2~3年も使っていたものですから、写真をカードにコピーして、それでMACに移動出来るんですが、そのカードが使えなくなってしまったんですよ。
なので、写真を1つずつメールにてのコピーになってしまっているので、大きさはこのぐらいになってしまってるんですよ。
拡大しても、画像は悪くて見辛いんですよ。
なので、この大きさでじっくりとでも見るしか無いんですよ。
小さくて、本当にごめんなさいです。
まあ、ゆっくしとでも見て下さい。


それでは、カレーはこのぐらいにして、他の部分を!

まずは、脱穀用な品々が並んでおりました。
e0169088_1844044.jpg
e0169088_18441440.jpg
e0169088_18442641.jpg
なかなか懐かしい懐かし脱穀器具の数々が、良〜い感じで並んでありました。
そりゃ~、ここに”稲”をぶっ込んで、ザリッと引き抜いて”米”の種子がザラザラと並びます。
そして”米”の皮を剥いての”玄米”やら”白米”の完成です。
懐かしい感じでございました。


さて、別の部屋に行ってみると、昔の中学生が書いた”筆”での和紙やら何やらが並んでいました。

それでもって別の部屋に行くと置いてあった、大昔からの地中の”土”やら”小石”やら
e0169088_18513193.jpg
こんな大昔は、この辺まで海が続いていたんでしょうね。
大昔での小石なり。

その近くに並んでた「井上円了コーナー」
e0169088_18522238.jpg
この人は「妖怪学」関係の本を沢山書いている人で
e0169088_18524569.jpg
で、実は「哲学堂公園」を作り上げた人の洋でございます。
素敵な顔立ちの学者さんなのでございます。


で、その後に並んでいたのは「縄文土器」
e0169088_18531457.jpg
そんな大昔の土器も、どんどん並んでおりました。
e0169088_18535432.jpg

あ、ありましたね、地図も
e0169088_18543348.jpg
これを見ると、中世時代には”渋谷”や”新宿”辺りまで海だったんですね。
まあ、”なかなかのお勉強”のででございました。


グルリと向こうに回って行くと、昔の民家の風景
e0169088_18551545.jpg
母に言わすと、昭和初期でも部屋に置いてあった”障子”と”ラジオ”と”机”です。
確かに、僕の子供の頃にも残っていた”壁”と”ふすま”ですよね。
今みたいに、綺麗になっちゃった家は、昔にはございませんでした。
サラリとした、昔の木製住居なのでございました。


最後に並ぶ、昔の中野。
e0169088_18555622.jpg
「東京府廰」と書いてありますが、昔は”東京都”と言われるまでは”東京府”だったそうです。
撮影はしなったんですが、”中野区”と言われる昭和5年までは”中野町””野方町”と並んだ地域で、江戸時代の最後の時期には”中野村””野方村”という名前の地域だったんだそうでございます。
これも、全く持って勉強になりました。

最後に
e0169088_18562482.jpg
置いてあった”INDIA”関係の案内所を頂いて、館内は終了になりました。

でも、帰りがけに綺麗な木が並ぶ庭へ。。
e0169088_18574155.jpg
e0169088_18574458.jpg
最後に”醤油の倉”がポチンとあって、その辺で写真を撮っっていたんですが、知らないうちに、左右の腕にはいくつもの蚊の後!
かい~じゃね~かよ~!!!な~んて思いつつの終了でございます。 
でも、良いものが沢山見れて、なかなか面白かったです。
行って良かったかも、、、です。


こんな感じで、今日は「歴史民俗資料館」のコーナーは終わりでございます。
でも、少し遠い所なので、今後行く人は少ないんでしょうね。
だけど、これだけの昔からの”中野”の勉強が出来る資料館なんて、他には無いんでしょうね。
なので、本当に時間のある時にでも、行ってみてはいかがでございましょう。
行くのは大変だけど、一応のお勧めなのでございます。
ゆっくし行くのも、良い事なのでございます。
まあ、長らくですが見て頂いて、本当にありがとうございました、


最後にですが、最近見つけた「ぷるぷるぱっちん」で、たまには遊んでみてくだされ!
プッッッチョン!ってね。。。
[PR]
by rock_capybara | 2012-08-01 19:00 | Diary | Trackback
トラックバックURL : http://capybarock.exblog.jp/tb/18527983
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 王菲 (フェイ・ウォン) 裸体Singles。。。 >>