2日間のイベントはバッチグ〜!!!

本当に久しぶりのイベントです。
今回は2日連続で、それぞれ別のタイプのイベントでございました。

18日(土)は、朝から強い雨が降って来ていたのですが、川崎チッタに着く頃には、どこかへ飛んで行ってくれておりました。
初日は「CHANGE the ROCKというイベントで、7つのバンドが出演しておりました。
しかし、やっとの事で戻って来てくれた、ドラムの”サンペ”!
体調も完全なる復活でしたので、リズム隊としては、とっても演奏しやすかったでございます。
待っていてくれた皆さん、本当にありがとうございました。
やっと復活させてくれて、神様には感謝の嵐で一杯でございます。

しかも、、、”サンペ”がいなくなった時期にドラムを叩いていてくれた”KANNZE”が、今回からパーカッショニストとしての別なる登場になる訳なんです。
ウッヒャ~!リズムの2人が登場なんて、僕らも遣る以前から、気持ちが盛り上がっちゃっておりましたですよ。
見る方々も”ホンマに期待大!”だったんじゃないでしょうか。


イベントは昼過ぎごらいから始まりましたので、『Der Zibet』の出番は17時ぐらいからでした。
時間は短めでしたが、どの曲もグイグイに盛り上がりました。

ただ、車に乗って会場に行くだけなので、この足腰は少しだけ動き辛くなる訳です。
まあ、ちゃんと遣る事だけ考えて演奏させて頂く事が出来たので、おそらく問題無きベースだったとは思います。
ただね、、、五拍子の”Prayer”の間奏。
ギターのソロで始まって、途中からキーボード・ソロになるんですが、そんな時だから、みんなに真人の姿をお見せしたい気持ちで、少しだけ横に動きました。
見やすい位置までは普通に動けていたのですが、体を真っすぐにさせようとシャキッとさせてみたんですが、シャキッとさせた瞬間に、膝がグラッとなってしまって、ペシャッとしゃがんでしまったんです。
しゃがんでしまうと、立ち上がるには両腕が必要になります。
リズムが五拍子なので、分からなくならなければ良いな!と思いつつも立ち上がる事が出来ました。
いかんよね〜、そんなんじゃ。
でも、終わった後にメンバーに聞いてみると、誰も知らなかったんです。
あんなにベースが無くなっても、演奏が分からなくならなくて、本当に良かったでございます。
見てる人達は、分かって心配になったとは思います。
ごめんなさい。
でも、あんな事にならないように、今後はもっともっと気を付けて行きたいと思っておりますです。

そんな事がいろいろとありつつも、『Der Zibet』の演奏はバッチリだったんじゃないでしょうか。
ただ、他のバンドの音楽の方向性も違うイベントでしたし、喋り関係もお笑い中心だったし、、、
もしかしたら、『Der Zibet』あのイベントには向いていないバンドなのかも知れませんよね。
ただ、問題無い演奏が出来てたし、本当に良かったとは思っております。
見に来てくれた皆さん、本当にありがとうございましたです。


さて、2日目のイベントは「BUCK-TICK」中心です。
ドラマーのYAGAMI TOLLの誕生日記念の「IT'S A NOW」というイベントでございました。

取りあえず、盛り上がりだらけのバンドが連続です。

まずは「Yagami Toll & New Blue Sky」で、ズンドコと踊らせてくれていたし、「LOOPUS」で、宙也の動きのジャキジャキや”RITSU”のグィングィン・ギターも煌めいていたし、「AUTO-MOD」で、GENETの叫びも見る事が出来たし。
良い感じのイベントでございました。

Der Zibet』は3番目でした。
お客様の数は、期待以上の大人数で、おそらく1700人ぐらいいたんでしょうね。

前日と一緒の曲順でやったんですが、途中で新たに「マスカレード」です。
しかも、誰も期待しなかったであろう「櫻井 敦司」の登場です。
2人で熱唱する「マスカレード」は、九段会館以来、何年ぶりでしょうね。
桜井君の歌い方の素晴らしさは、以前とは比べ物にならないぐらいに輝いておりました。
2人の動きも、とってもエロチックな煌めきでしたよね。
良き演奏をさせて頂いて、本当に楽しかったでございます。
楽しかったです。

ん~~~、、、でね、、、今回も「マンモスの夜」のベース・ソロの後にありました。
グイグイに盛り上がってくれていたので、今まで以上にジュリジャリ弾かせて頂いたんですが、最後の所で、ネックの1番上まで左指を伸ばしていたんです。
でも、そうしたら肩からベースを支えてくれていたストラップが、後ろ側にずり落ちてしまったんです。
あ!ヤベッ!!!ってストラップを戻すのに四小節。
でもまあ、問題無くパーカッション・ソロには繋げる事が出来ました。
まあ、遣り過ぎだったのかも知れませんが、見ちゃった方々にとっては、問題は無かったのではないでしょうか。
今後は、もうちょっと控えるように努力させて頂きますです。
ごめんなさい。。。


さて、最後は「BUCK-TICK」の登場です。
物凄く良い演奏でした。
みんな、踊りとか動きとか、とっても盛り上がれる演奏でしたね。
良き演奏を見させて頂いて、本当にありがとうございました。
しかも、桜井君が『Der Zibet』にヴォーカルとして出演してくださって、本当にありがとうございました。
今後も、日本中の音楽を、楽しくどんどん盛り上げて行きましょうね!
今後もヨロシクお願い致します。


遠い場所ではありましたが、どちらの日も問題無く演奏出来て、本当に良かったとは思っております。
みんなも楽しかったでしょ?
次回のイベントは、9月2日(日)です。
yokohama BayHall」というライブハウスで、対バンに「Ra:IN」もいます。

ありゃ!見てみたら、前日に「Char」や「TENSAW+金子マリ」や「子供ばんど」なんかが出ているイベントだったんですね。
まあ、久々に大ちゃんにも会えるし、おそらく盛り上がるでございましょう。
遠いけど、見に来てくださいね!


あ、1日にも「タワーレコード新宿店」で、アコースティック・ライブが、無料で見る事が出来ます。
18時からでございます。

多分ベースは演奏しないので、前回みたいにパーカッションなのかと思っていたんですが、実は2人もパーカッションがいらっしゃいますので、僕はコーラス用に座っているんでしょうね。
でもまあ、良い曲をアコースティックで聴けるし、CD購入でサインも頂けるし、沢山の方が見に来て頂けると嬉しいです。
まあ、ゆっくしと祈っておりますです。
楽しみに見に来てくださいね。
ヨロシクお願い致します。

それでは、また!
[PR]
by rock_capybara | 2012-08-21 18:30 | Diary | Trackback
トラックバックURL : http://capybarock.exblog.jp/tb/18683256
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 今回見ずして何時見るか?!!『... 王菲 (フェイ・ウォン) >>