T.REX (プラスアルファ)

とっても懐かしのバンドで、子供の頃から聴き続けてまいりました。
マーク・ボランの歌声が聴こえて来る『T.レックス』が今日のお進めなのでございます。
良い感じのロックでポップな名曲を、皆さんも久しぶりに聴いてみてください。


まずは大名曲「20th Century Boy」からの始まりでございます。

最初っからのギターの音が、ホンマに中学生時代から、頭の中にに残っておりました。
「君の”おもちゃ”になりたい!」ってい~素敵な言葉の名曲でございます。
イギリスでは、とっても売れ捲ったみたいですし、日本版は東芝EMIでレコーディングしたらしいです。
でも、アメリカでは、そこまでは売れなかったらしいですけどね。
でも、素敵な名曲からの始まりなのでござりまする。


じゃ~、その3年前にUKチャートで1位になったアルバム「電気の武者」
e0169088_18153418.jpg
このアルバムからの大ヒット曲「Get it On」はいかがでしょう。

”ゲリロ~ン   バンガ~ゴ~ン  ゲリロ~ン”って~な感じで、僕らも歌っておりました。
この頃は『ティラノザウルス・レックス』というバンド名だったみたいですね。
e0169088_1816188.jpg
デビューアルバムのタイトルは書いてありますね。
「My People Were Fair And Had Sky In Their Hair, But Now They're Content To Wear Stars On Their Brows」
意味は調べてくださされ。。。

あ、「ティラノザウルス・レックス」を見つけました。
e0169088_181733.jpg
68年にデビューだったらしいですね。
知らなかったけど、パーカッションの "ミッキー・フィン”の顔立ちは知ってたな~。
チャ チャ  チャチャッチャ、、、っていう、とってもポップな名作でした。


じゃ~、始まりのリフを聴いただけで昔に戻れる名曲「チルドレン・オブ・ザ・レヴォリュ~ション」を見てみましょう。

イェ~~~!って叫んだ瞬間の瞳の強さにはグッと来ますよね。
この曲では、間奏のギターソロって無かったんですね。
終わり方も、ゥワ~~ォ~~って〜な、シャキッとしたエンドでございました。


それでは、始まりのギターも懐かしい「Buick MacKane」はいかがでしょう。

”ビュイック・マッケーン”っていのは”車”みたいですね。
”雨の中で格好良く見えるおまえとやりたい、、、”って~な歌詞なんですが、とっても素敵な表現の言葉に溢れてる、短いながらグイングインな曲でした。
ソロも、ホンマにシンプルでガチガチに来ます。
チョビッと体も動いちゃいますよね。
こ・れ・も・名曲かな!


それじゃ~、72年のロンドンでのライブを見てみましょう。
Jeepster」です。

シンプルだけど、とっても素敵な曲です。
ジャキジャキ弾いて叫んじゃう、っていうボランの盛り上がり方は、彼の人気が上がるのも分かります。


次は、僕が最も愛している大名曲「The Slider」でございます。
e0169088_18185345.jpg
         名作アルバム「ザ・スライダー」!!!

”滑るもの”の意味する事は、岩谷宏さんの訳するところによると

 この小さい「私」という世界が実は
 もしかしたら全く存在しないくらい
 空漠空虚無限広大であるか

みたいな意味なのだそうです。
”いろんな事が理解出来ないし、悲しみも嬉しさも無い自分の事”を歌っているのでありましょう。
だけど、イントロからの流れて来る演奏には遣られ捲ります。
僕には、意味なんてどうでも良いんですよ。
「良いメロディーを聴かせてくれて、本当にありがとうございます」って言いたいりらいです。
優しい目で見つめていたくなる、とっても素晴らしい名曲でございました。


さて、「Bolan and Bowie」って書いてあったから見たら、ボウイの”ヒーローズ”じゃん。
あ、でも最後に二人で歌ってるな~。
TV版なんでしょうね。
でも、こんなショーだったら見てみたかったですよね。
まあ、良いの見っけ!てな感じ。


ついでにですが、Queen,&David Bowieって書いてあったから見てみました。
おそらく”フレディ・マーキュリー”が亡くなっちゃった後に、ボウイがクイーンのメンバーと一緒に、ライブでフレディの映像と一緒にやったんでしょうね。
「アンダー・プレッシャー」が名曲なの分かってたし、良い感じのライブをやって素晴らしいな、と、思いました。

ついでのついでですが、”ユーリズミックス”の”アニー・レノックス”と一緒にやった「アンダー・プレッシャー」も見てあげてください。
アニーが歌うと、全然違う曲に聴こえてきますよね。
でも、これも良い感じのダブル・ヴォーカルっすよね。
あ、演奏はクイーンのメンバーだな~。
素敵な組み合わせ!


さて、元に戻りましょ〜。
76年の、髪型が短めになった「I Love To Boogie」でも見てあげてください。
う~む、その頃になると、曲の作り方も普通っぽい感じですね。
彼が亡くなってしまう1年前の演奏でした。


それじゃ~、懐かしの「テレグラム・サム」を見ましょう!
”ユ~マイメインメ~ン”って、やっぱ歌いたくなりまする。


それでは最後に、グイグイな名曲「Metal Guru」で終わりにしましょう。

"メタル・グル~は君のこと、ワイルドなロックンロール・チャイルド”って~な感じの、素敵な踊りたくなる名曲でした。
素敵な名曲を、沢山聴かせてくれて、本当にありがとう!!!


取り敢えずの良い感じで、今日のお勧めコーナーは終わりにさせて頂きます。
たくさんの曲を見てくれて、本当にありがとうございました。
T.レックス』の曲は、どれを聞いても心が揺れる、素敵な曲の連続バンドなのでございました。
久しぶりに沢山見れて、本当に嬉しい限りでしょ?
しょうがないから、もう一回買おう、、、かニャ???
ってな。


長らくの時間を頂いて、本当にありがとうございました。
皆さんと次に会えるのは、忘年会ライブなんでしょうね。
おそらく少人数である予定だと思いますので、多くの方は来年のイベントからでしょうね。
いずれにしても、楽しみに見に来てくださいね。
よろしくお願いいたします!

世間は、やっとこさ寒くなってまいりましたので、体には気をつけての生活を送ってくださいね。
それでは、また!です。。。
[PR]
by rock_capybara | 2012-11-17 18:15 | MyuZick | Trackback
トラックバックURL : http://capybarock.exblog.jp/tb/19225533
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ホムペで探して見つけた『チョコ... DER ZIBET 成功開始へ... >>