夕暮れに"桜"を見るべくして『六義園』まで。。。

早かったですよね、春の桜が開花するのは。
で、もう週末には終り始めてしまうであろう"桜"を、母と一緒に見に行かせて頂きました。
e0169088_14242116.jpg
          『六義園』へは、JRで駒込まで。

 『六義園』は、駅からは近いんですが、「しだれ桜と大名庭園のライトアップ」と呼ばれていましたので、入り口には、お客さんの嵐です。
ず~っと並んでいる人々の後ろまで行くのには、いったい何分ぐらいかったでしょうね〜。
おそらく、300人弱が並んでいましたので、「時間はかかるだろ~な~、、、」って思っていたのですが、サクサクと順番に入園出来ていましたので、30分ぐらいで 入園させて頂けました。

ゆっくりと中に入って行くと、途中にも綺麗な樹々が育っておりました
e0169088_1427369.jpg
e0169088_14275441.jpg
ん〜でもって、、、
ちょっと歩くと、いっきなりの「しだれ桜」でした。
e0169088_14294275.jpg
        当然のように、"桜"さんも綺麗に見えました。

なら〜んと "しだれて" がしだれておりまする。
その周りには、携帯で写真撮ってる方々が、嵐のようにグッチャングッチャンに留まっておられました。

e0169088_14312040.jpg
e0169088_14313465.jpg
e0169088_14314697.jpg
でもま~、見に来ている皆様方は、ちゃ~んと周りの人々に気を使っての留まりでしたので、それほどの迷惑はございませんでした。
e0169088_1432940.jpg
e0169088_14323870.jpg
e0169088_14324913.jpg
ま~ね、、、
さすがに連チャンでの写真連写でしたので、さすがに疲れて来てしまいました。
なので終りにして、ズズッと先まで進みます。
e0169088_14325929.jpg
          すぐに”お池様が輝いておりました。
池をちゃ〜んと見る為にも、やっぱりさすがに、皆様に並びながらの歩きでしたけどね。

で、庭園が終ってグルッと回っての帰り道でしたけど、最後の方にも、遠〜くからも桜を眺めることが出来ましたです。
e0169088_14333693.jpg

e0169088_14341450.jpg


そして、、、
e0169088_1440797.jpg
終演の直前にあった、綺麗な大木を見て頂いて、今日は終わりにさせて頂きますです。

おそらく、2時間ぐらいゆっくし歩いての『六義園』でしたけど、こんな感動が残ってしまうような日は、1年のうち数日間ぐらいしか無いんでしょうね。
焦ってもいなかったから、綺麗な桜を沢山見させて頂いて、母と一緒に、嬉しい気持ちを残して、やはり、ゆっくしと帰らせて頂きました。

天気も良かったし、ある意味、良い感じの散歩をさせて頂きましたです。
皆さんも、来年ぐらいには見に行ったら良いんじゃないですかね~。
まあ、そんな事は言う権利なんて、僕には無いんですけどね。
でもま〜ある意味、お勧め出来る『六義園』なのでございました。
です。
 

さて、全然関係ありませんけど、次のライブです。

4/5(金)に渋谷REXでのイベントなのでございます。。

Der Zibet』以外に「dieS」というバンドが出演するイベントなんですけど、おそらく、今まで以上の喜びが溢れて来るのではないでしょうか。
楽しみに、渋谷まで訪れて来てくださいませりせり。。
ヨロシクお願い致しますです。


ん~でもってけど、もっと関係の無い話をさせて頂きます。

我々のライブの次の日に、京都磔磔というライブハウスで、実はイッセイが出演する事になってるんですよ。

昔、”すみれ September Love” が売れ捲った「一風堂」のVo&Gであった「土屋昌巳」さん。
彼が、おそらく物凄く盛り上がるであろ~バンドを作り上げました。
KA・F・KA』というバンドなんですが、どのバンドのライブが行われるんですよ。
彼は、「一風堂」の後に、イギリスで「JAPAN」というバンドのメンバーになりましまたよね。
そこでのギターも含めて、彼のギターは、本当に普通では考えられないよ〜な煌めきに溢れております。

そんな、バッチグ〜!なギタリストの、再び作り上げるバンドなんですから、そりゃ〜凄いことになるのは目に見えているんですが、そのバンドの ヴォーカルにイッセイが呼ばれてしまったんですよ。
おそらく、普通のバンドと言うより、ちょっと始めたグループなんでしょうけど、他のメンバーも含めて、そりゃ〜盛り上がるに決まっております。

キーボードには「森岡 賢」が呼ばれました。
彼は、『Der Zibet』が始まる以前に、イッセイと僕を含めてのプロジェクトに参加していた時からの友人で、一時期「Soft Ballet」のメンバーでした。
奴の作り上げる音像の素晴らしさも然ることながら、他にも、昔から有名であった、バッキンバキンのベーシスト「KenKen」と、売れに売れていた「THE MAD CAPSULE MARKETS”のドラマー「Motokatsu」でのリズムに合わせれば、そりゃ〜心も揺れ動くようなライブになるでありましょう。

実は、ライブ決定の日にチケットを販売したんですが、なんと数時間で売り切れになってしまったそうなんです。
皆さん、とっても期待の気持ちも強くなったんでしょうね。
それも含めて、本当に期待溢れるバンドなのでございます。

KA・F・KA』の他に、金子マリさんのライブも行われるイベントです
彼女の歌声も、ホンマに普通では考えられないよ〜な煌めきに溢れているんですが、今回は「5th Element Will」というグループなんだそうです。
で、調べてみたら、「5th Element Will」のギターは、昔、”四人囃子”のメンバーだった森園さんの名前も見つけました。
ウッヒャ~~~!
そりゃ~も〜、どっちのバンドも見たいじゃ~~~ん!!!

ごめんなさい。
個人的な盛り上がり過ぎてしまいました。
でも、皆さんも見に行きたい気持ちになるでがしょ~?
聞いた所に寄ると、『KA・F・KA』のライブにも、金子マリさんが参加するシーンがあるらしいです。
それも含めて、期待の大きくなるいべんとですよね。
東京の人間としては、いつかは東京でも演奏して欲しいですよね。
皆さんも、そう思いますでしょ?
ですよね〜!

そんな素晴らしいバンドに、イッセイも参加する事になりました。
彼も歌声は、昔なんて忘れちゃうぐらいに素敵になっているし、『KA・F・KA』の上昇へも期待は溢れるばかりでございます。


さて、そんな無理な期待を膨らませながら、今日のブログはおしまいにさせて頂きます。
サラリと期待しつつ、、、

皆さん。
今日のブログも、ゆっくりとでも見てくださって、本当にありがとうございました。
それでは、ライブでお会い致しましょう。
ま〜、あと一週間です。
待っててくださりませりせり。。
でした。。。
[PR]
by rock_capybara | 2013-03-28 14:45 | Diary | Trackback
トラックバックURL : http://capybarock.exblog.jp/tb/20013709
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 暖かき気候に守られての素晴らし... 暖かき晴れ渡りの下、素晴らしき... >>