暖かき気候に守られての素晴らしきライブなり!!!

暖かかったですよね、春にしては。
そんな気候に恵まれて、嵐が訪れて来る前日に、「渋谷REX」にて『Der Zibet』のライブが訪れて参りました。


今回の対バンは、「dieS」という2人組のバンドです。
まず1番目に、彼らの演奏から始まりました。

初めて見させて頂いたんですが、歌声も綺麗だし、それぞれの演奏には、本当に素晴らしき"力"を感じました。
明るい曲だったり、陰鬱なる曲だったり、いろんなイメージのポップなメロディーに、彼らの思う、普通では考えられないようなヘンテコリンさには、見ながらも、とっても楽しい気持ちにさせて頂きました。
顔立ちも綺麗だし、おそらく、もっともっと見に来てくれるよ~なお客さんが増えて行くよ~な気持ちにさせて頂きましたです。
期待してますので、これからも頑張ってね!
でした。


そんな楽しい気持ちの中、『Der Zibet』の演奏が始まります。

そりゃ~も~、最初っから切れ捲りでしょ~。
懐かしい曲も含めて、グイングインの始まりなのでございました。

ステージで演奏していると「もしかしたらベースの音がデカ過ぎる?」って思いながらでしたけど、みんなの演奏の中で、ベースはとっても弾きやすかったので、気持ち良いベースを、ブリブリと弾かせて頂きました。
大丈夫だった、、、でしょ?

ドラムのリズムも、何時も以上にバキバキでしたし、キーボードの音色にも、心が揺れ動くのの連続でしたし、ギターも良かったけど、彼のズキズキに動き回り姿には遣られ捲りましたし、ジャッキンジャキンな気持ち良さが会場中に広がり捲るよ〜な歌声には、今年で一番の歌声だったんじゃないかと思っております。
 な~んて、、、"少年頭"で"ジジ〜カラダ"のべーシストが盛り上がってしまった訳ですが、、、
しかし本当に、今年で一番の素晴らしきライブが出来たんじゃないですかね〜。
ね!  良かったっしょ???

見に来てくれた皆様、本当にありがとうございました。
しかも、こんなに素敵なライブが見れたなんて、「見に行って良かった~!」な〜んて思いながら、笑顔で家に帰る事が出来たんじゃないですか?
いや~、良いライブが出来て、本当に良かったでございます。
お疲れさまででした!!!


さて、次の『Der Zibet』です。
6/30(日)に「渋谷REX」で、久しぶりのワンマン・ライブを遣ります。

でもね、、、こりゃ~も~良いに決まってるでしょ~!
遠い所からでも、物凄く期待しながら、渋谷まで訪れて来てくださいませ。
僕らも、ホンマに今日以上のライブが出来るよ〜に、ゆっくしとでも頑張らせて頂くつもりでおりますから。
楽しみにでも待っていてくださいませ。
ヨロシクお願い致しますです。


さてさて、待っている方も多かったでりましょう。
KA・F・KA』のライブが、我々のライブの次の日に、「京都磔々」でのイベントに登場なのでございました。
デルジのライブの日も、イッセイは飲み会も早いうちに家に帰って行きました。

土屋昌巳さんを中心にした『KA・F・KA』は、どのぐらい素晴らしかったんですかね~。
おそらく京都まで見に行くと言っていたメンバーもいまし居りました。
ライブが何れだけ凄かったかは、後日教えて頂きたいと思っていますけど、もしかしたら、『Der Zibet』のファンの方も、見に行った人がいるんでしょうね。
ま〜、良かったら、返信は致しませんけど、どれだけライブが素晴らしかったかだけでも、メールして教えて頂けませんか?
焦らずにでも、お待ちしておりますからね。
ヨロピクです!

ま~、金子マリさん中心でのイベントでしたから、おそらく会場では、豪雨から訪れる湿気にも負けずに、ホンマに素晴らしきライブが響き渡っていたでありましょう。

KA・F・KA』の盛り上がりによって、イッセイの人気も、期待以上に頂上ぐらいまで登り続けていってくれる事を祈りつつ、、、
でも、東京でも遣って欲しいですよね。
みんなも見たかったでしょ~?
お待ちしておりましょ~。
こちらも、ゆっくしと。。。


さて、最後に、、、
e0169088_1438326.jpg
          3年以上育ち続けるバンブ〜!!!

どこまで育って行くんでしょうね〜?
まあ、そろそろ"鉢"を変えてあげた方が良いんですかね。
ガムバって育って行ってくださりませりブ〜。。。


それでは、また!!!
[PR]
by rock_capybara | 2013-04-07 14:30 | Diary | Trackback
トラックバックURL : http://capybarock.exblog.jp/tb/20115140
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Pere Ubu / Dub ... 夕暮れに"桜&quo... >>