見に来てくださった皆様には "感謝の嵐" でございます!!!

素晴らしき2週間でございました。
年末に発売した『Der Zibet』のミニアルバム「NINE STORIES」。
これを日本中に広めていく為のライブなのでございます。


まずは先週23日にタワーレコード新宿店でのインストアライブです。
イベントスペースのステージ上にメンバー全員が座って、アコースティック・ギターに合わせて5曲を演奏させて頂きました。
僕は卵形の "エッグシェイカー" をシャカシャカと振りつつ、良い感じのコーラスを奏でました。
目の前から流れて来る『Der Zibet』の新曲には、見てくださった皆様の心の中に、素敵なストーリーが染み込んでいってくれた事を祈っております。
素敵な30分&サイン会で、とっても素敵な1日なのでございました。


さて、そして昨日の渋谷WWWでのイベントです。
初めて訪れたライブハウスでしたけど、スペイン坂を登ったのは20年ぶりぐらいでしたね。
登りきった所で、WWWはサラリと僕を迎えてくださいました。
以前は映画館であった事も分かるよ~な会場でしたが、バンドの演奏には殆ど問題無く、実はベースの音作りには優れていて、今までのライブハウスでの上位にいるよ~な綺麗なブリブリ音になっていたんじゃないかと思っています。


まずは『Der Zibet』からの始まりです。
今回はイベントのイメージに合わせて、珍しい「Der Rhein」が1曲目でした。
この始まりは本当に初めてでしたが、対バンとの兼ね合いも含めての選択は間違いございませんでした。
演奏しながらも、本当にギシギシした心の強さを表せたのではないかと思っています。
曲順も綺麗な流れでしたし、本当に楽しい気持ちでのライブになりました。
皆様方も、とっても楽しんで頂けた事を祈っておりますです。

さて、次は「KA.F.KA」のライブの始まりです。
以前、彼らの曲を聴いていたんですが、ライブでいったいどのくらいに溢れ捲ってくれるのだろ~?って、物凄~く強い期待で見させて頂きました。
e0169088_17582287.jpg
これは、楽屋から見ていたTVからの写真なのでございます。

30年ぐらい前に "イッセイ" とのバンドで知り合った "盛岡賢" 。
昔から溢れていた、彼の真面目でサイケなシンセは、未だに変わらず輝いておりました。
ドラムの "MOTOKATSU" の素晴らしいリズム感は、なかなか真似の出来るよ〜なドラマーは少ないんじゃないかと思うぐらいのビッチリ感です。
ベースの "KenKen" は、Dragon Ashのメンバーになってしまった事も含めて呼べなくなってしまいましたので、 "MOTOKATSU" と "ミッシャルガン" でリズミックであったベーシスト "Ueda Koji" の参加になっていました。
彼のグイグイさには "MOTOKATSU" と変わらないぐらいの素敵な強さを感じましたね。
"イッセイ" の歌声は、やはりバンドのイメージに寄って全く違って聴こえて来ます。
デルジとは全く違った彼の表情。
それが見えて来るよ〜な、シャキッとした歌声だったのではないでしょうか。

そして、僕の心の中にジャキジャキと突き刺さってくれたのは "土屋昌巳" さんの素晴らしきギターの強さなのでした。
本当に素晴らしいギタリストである事を、目の前で弾き捲っていてくださったギターの音色に溢れ捲っておりました。
う〜ん、、、ホンマに素敵なロックギターの世界じゃ〜!!!
ありがとう!本当に素敵なライブを見せてくださって。


こんな素敵なwith KA.F.KAのライブは、対バンは毎回変わりながらも、数ヶ月ごとに続く事になっています。
感動を味わいたい方がいらっしゃれば、どうか見に行って上げてください。
驚くぐらいの喜びが心に届いて来ますからね。
沢山の方々に見て頂ける事を、僕は強くお勧め致しますです。


良いイベントに参加してくださって、本当にありがとうございました。
Der Zibet』のライブも楽しんで頂いた事を祈っております。
いや〜僕も、本当に楽しい1日にさせて頂きましたです。

さて、次のライブは2ヶ月後です。
3/22(土)に「南青山MANDALA」にて、久しぶりにアコースティック・ライブをするつもりでいます。
皆様方も、楽しみに訪れて来てくださいませ。
その日も良い1日に致しましょう。

それでは、、、またです。
[PR]
by rock_capybara | 2014-01-31 17:55 | Diary | Trackback
トラックバックURL : http://capybarock.exblog.jp/tb/21632898
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< The Pop Group Slapp Happy >>