春と共にデルジ現る外苑前!!!

気候も春先に近づいて来た外苑前に、3年ぶりになる『Der Zibet』のアコースティックライブです。
わざわざとでも見に来てくださって皆様方には、本当に感謝の気持ちで一杯でございます。
少しだけ面倒臭い雨風も、遠くの方へと去って行ってくださって、南青山 MANDALAにも、笑顔で到着させて頂きました。

前回のアコステ・ライブは、実は大地震の直前だったんですよね。
まだ地震の事など想像も出来ない頃でしたので、本当に問題の無い素敵な1日にさせて頂きました。
でも今回は、「NINE STORIES」の発売も兼ねて、あの時期とは全く違った喜びに溢れでる日にさせて頂いたと思っています。


アコギのメロの優しさは、当然のように演奏者のエネルギーによって聴こえ方も違って来るのですが、やっぱり "HIKARU" のパワーの凄まじさは、他の人には現せないような力強さに溢れています。
一緒に演奏しながら、な〜んか別の風景の中で演奏しているよ~な気持ち良さも見えて来ます。
メローな曲は,当然のように綺麗に聴こえたでありましょうが、今回もハードな曲に支えられていりグチャラゲな力強さに、会場全体がジャキジャキに揺さぶられてしまうぐらいの気持ち良さが聴こえて来たでしょ?
良かったっすおね、昨日すら!

個人的に心に残っているのは、綺麗なメロの「砂時計」です。
サラリとしたメロディーの中、サラサラとこぼれ落ちて来る砂時計の囁きには、ベースを弾く気持ちも揺り動かされてしまいました。
心から消え去ってはくれない砂の音。
そんなサラリンってした風景を皆様方にも届けていかれるように、リズム隊は揺れるリズもを奏でさせて頂きました。
足下を支える、とっても気持ちの良いリズムになりました。

ハード系は,どれもこれもに良いメロを奏でられたと思っています。
強くする為のチョッパーも、昔とは違った気持ち良さがありましたし、強いソロにする為に全部の指で弦を叩き付けるのも,ホンマに気持ちの良い感じでございました。
皆様方も、本当に気持ち良き1日になれたのではないでしょうか。
盛り上がれるし,涙も流れるし、とっても気持ちの良い1日でございました。
サラリと見に来てくださって、本当にありがとうございました。
やったね!
です。。。


さて、次のイベントがやって来ます。

5/6 18:30~    高円寺 HIGH

   FREAKS OF THE LEGEND vol.6
      AUTO-MOD
      LOOPUS 
      Der Zibet

本当に久しぶりの仲間と共に、この日も良き日に作り上げて行きたいと思っています。
皆樣方もとも,笑顔で気持ちの良き1日を作り上げていきましょう。
チョビッと先ではありますが、楽しみにでも見に来てくださいませ。
当然のよ~に、ゆるりゆるりといらっしゃれ!!!

それでは、また。。。
[PR]
by rock_capybara | 2014-03-24 19:50 | Diary | Trackback
トラックバックURL : http://capybarock.exblog.jp/tb/21818504
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 日本の女性陣の雫 The Pop Group >>