『tonco』の歌声を聴いて、若き美声の喜びに感動!!!

 今日は、渋谷でのワンマン・ライブを見に行ったのですが、その前に時間がありますので、今日は取り敢えずは "Bunkamura" です。
25周年特別企画としての「だまし絵Ⅱ 進化するだまし絵」が公開されています。
e0169088_21445071.jpg
           店内の風景は、こんな感じ。
e0169088_212867.jpg
 完全に騙されているのは知っていながら、ホンマに目の前に映し出されている作品の数々は、誰の心にも、いろんな "面白さ" や "不思議さ" や "謎のよ~な物体" が見させて頂ける展覧会なんです。
面白かったのから、順番に並べてみましょう。
e0169088_21293934.jpg
         不思議な並べ方の「鷹狩の道具のある壁龕」
e0169088_21341222.jpg
            これは懐かしき "ダリ"!
e0169088_21302440.jpg
 「アンダーグランド・ピアノ」は、目の前に変な形で作られている物体が、向こうの鏡に映してみると、いっきなり "ピアノ" に見えちゃいます。
e0169088_21311518.jpg
 "Fender" のギター・アンプなんですけど、裏側から見ると空っぽである、、、という作り物の「フェンダー・デラックス・リヴァーブ・アンプ 2」
e0169088_21321762.jpg
  通路の横にデッカく置いてあった「引き伸ばされた女 #2」縦になげ~!
e0169088_213115.jpg
これの目の前で動くと、その通りに動いちゃうみたいに作られている「木の鏡」 
 福田美蘭の作った、予期見てみると"ディズニー" なのが分かる《Copyright原画》です。3つ連続でどうぞ!
e0169088_21365671.jpg
e0169088_2137188.jpg
e0169088_2136401.jpg
 以前に見に行った人も多いとは思いますが、やっぱし見に行くと楽しいっすよね。
まだ時間はありますので、時間を見つけて見に行ってくださいませ。。。
楽しさにお勧め致しますから。。。

 さて、、、
"だまし絵" が見終わったから、エスカレーターで1階に上ったら「富田菜摘」さんの個展を見つけちゃいました。
個展の入り口辺りにも、いろんな作品が飾られていました。
ラクダの「春男」も良い感じ!
e0169088_2141740.jpg
 予想外の芸術を見つけてしまってに、それを見て改めての感動させて頂いて、これもラッキ~な出会いなのでございました。


 ん~でもってですが、ライブ前の時間に宮益坂を上って、歩道橋の先の角にあった、タバコも吸える「カフェ ベローチェ」を発見。
e0169088_21414550.jpg
 ここにチョッコリと座らせて頂いて、やはりサラリとタバコを吸って、そんで持っての時間通りにライブに向かわせて頂きました。


 場所は、昔「青い部屋」というライブハウスとして知られていました。
246沿いの「Last Waltz」という名ライブハウスなのでございます。

 主演は『tonco』という若き女性なのでございます。
真人も一緒に演奏してくれるし、他の方々も素敵に演奏する方々なのでした。
e0169088_2143498.jpg
 これは、前半に緊張感が高かったので、休憩で帰って行く途中に「笑ってくれると素敵だよ!」って、コソッと教えてあげました。
で、休憩後になると歌いながら笑顔も見せてくれましたし、喋りの途中でも笑顔も見せてくださいました。
 写真を見てくれると、皆さんも綺麗に見てくださるとは思いますが、彼女の歌声の素晴らしさは、流石にライブを見てくれないと分かってもらえないんでしょうね。
なので印象も強くて、とっても気持ちよくなるシーンの事を書かせて頂きます。
 特に爽やかさを感じさせて頂けるのは、リズムも変わらずにサビが飛ぶ混んで来る瞬間なんです。
普通だったら、当然のよ~にリズム通りのタイミングで歌い始めますよね。
でも、『tonco』の場合は違うんです。
ほんの一瞬遅れたタイミングで、気持ちを込めた歌声で歌い始めるんですよ。
サララララ~~~っていう流れの中に歌っていた "Bメロ" までの歌詞の後に繋がって来るサビの言葉には、何か新しい風景が見えて来たりしちゃうんですよね。
 いろいろ見させて頂いて思ったのは、彼女の作った歌詞には、思いもつかないよーな風景や情景が見えてくるんですよ。
良い曲を聴かせてもらえて、本当に見に行って良かった思っています。
e0169088_21425324.jpg
 Percの彼女もコーラスも歌ってくれたんですが、とっても綺麗な歌声なのでした。
 そうなんです。
皆様にもこんな素敵さに感動して頂くには、やっぱしライブに訪れて頂くしか方法は無いんですよ。
どうか近いうちにでも『tonco』のライブを見に行ってあげてくださいませ。
感動は、ステージから流れてて来てくれますから。
感動の為にライブに訪れる事を、強くお勧め致します。
どうか言ってみてくださいませ。。。


さて、もう1週間でライブの日が飛んで来ます。

9/12(金) 19:30~  渋谷 REX
9/22(月) 19:00~  大阪 2nd Line

 <Dark Celebration>というタイトルでライブです。
しかも、思いもつかない名曲が戻って来ちゃう~???な~んて、そんな素敵な演奏をお届けしたいと思っております。

 そして「全く持って何年ぶりだろ~?」っていう名古屋でのイベントです。

9/23(火) 18:00~  名古屋 ell.SIZE

懐かしき「アレルギー」とのイベントが出来るなんて、本当に楽しみに思っております。
ま~、遠い所からでも、ビックリしちゃいそうなライブなら、そりゃ~見に行くしか無いっしょ~。
久しぶりの名古屋なんですから、今回しか見る事の出来ないシーンを見ながらでも、みんなで踊り狂ってくださいませ。
名古屋を楽しめるのも含めて、本当に期待しながら待ち続けております。
2週間ぐらい先ですから、ゆっくりとでも考えて見に来てくださいね。
楽しみにお待ちしておりますから。
ね!!!


 さてさて、ホンマについでなんですけどね、、、
久しぶりにサングラスを買っちゃったんです。

 場所は新宿西口の「思い出横町」横の店なんです。
今回は、見た瞬間に「こっりゃ~見た事もね~サングラスや~~~!」って。
こんなっす。
e0169088_21531091.jpg
 右から左の耳まで、思いもつかなかったぐらいに真っすぐに繋がっているんです。
普通じゃ無い。
試しに、これを使ってみた瞬間から、こりゃ~買うしかありませんでした。
 でも、買ったのは良かったのですが、家に帰って見直してみたら、銀色に繋がっているはずの途中の部分が、チョビッとだけ黒ずんじゃってたんです。
う~~~む、普通だったら諦めるだろ~けど、今回の場合は、サングラス自体が、気になって何時も見られちゃうぐらいに派手な野郎ですからね。
 なので翌日見せに行って、通常のサングラスに取り替えてもらう事が出来ました。

 この店は、東京でいろんな店を探している僕に取っては、本当に素晴らしい店なんです。
以前買った頃は、綺麗なのは¥3000ぐらいのが通常だったんですが、今回買ったのは、なんと¥1000だったんです。
こんなに変なサングラスが¥1000なんて、そりゃ~嬉しいですよね。
 ここの店長親父さんと何度もお話しさせて頂くんですが、これを買った時に年齢を教えてもらったら、なんと83歳の方だったんですよ。
それじゃ~、俺の親父のチョビッと下ぐらいの年齢じゃん!
な~るほど、たまに行った時に閉まっている日があったのは、その方の年齢の為に、体調的に難しい日もあるんですよね。
でも続けておられるのは、本当に素晴らしいと思いました。
そんな爺さんの顔も見たくなりません?
ま~、しょ~がない。
店の場所を教えましょう。
 西口のユニクロを目の前にして、その左側の細い道を入って行くと、すぐに左側に「思い出横町」がございます。
で、そのまま真っすぐ進んでT字路にぶつかるんですけど、そこを右へ。
曲がってから坂を下りていくと、東口まで繋がる地下道があるんですよね。
でも、今回のサングラス店は、その地下道に入る直前で営業しておりるんです。
左っ側に爺さんの顔が見えたら、そこがお店です。
こそが、嬉しさも待っているよ~な素晴らしきお店なのでございます。
 時間があれば見に行ってもらって、良い感じのサングラスを見つけたら、是非とも購入して頂けると嬉しいです。
買ってくれる時に、今回のサングラスの話をするのはどう?
"左右繋がりサングラス" を買い替えに2回も訪れて来た男のライブを見に言ってます」、、、な~んてね。
そんな話をすると、おそらく、おじさんとの会話の面白さが見えてくるでありましょう。
機会があれば、、、ですけどね。


こんな話で長くなってしまってすみませんでした。
長らく見てくださって、本当にありがとう御座います。
次に皆様にお会い出来るのは、来週の渋谷 REXです、
出来ればサングラスを使えるようにしてもらって、本当に素晴らしいライブを頑張りたいと思っております。
どうか楽しみに見にいてくださいね。
お疲れさまでした。


それでは、、、また来週!!!です。
[PR]
by rock_capybara | 2014-09-05 21:50 | Diary | Trackback
トラックバックURL : http://capybarock.exblog.jp/tb/22361534
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 今年初の『Der Zibet』... くるり >>