吉祥寺にて『福原まり』のライブ!!!

 以前から ”イッセイ” と ”ISSAYmeetsDOLLY” というバンドを一緒にやっているキーボーディスト 「福原まり」さんのワンマンライブを見てきました。

場所は、吉祥寺の「MANDA-LA2」というライブハウスでした。
 相変わらずですね〜。
柔らかく流れてくるよ~な歌声には、今回も感動しながら見させて頂きました。
曲的には、懐かしい曲もあれば、別の人の作った名曲もあれば、なかなか気持ち良いライブなのでした。
e0169088_19431895.jpg

 彼女が1人で演奏する時は、彼女が持ち込んだステレオ・ラジカセを使って、録音してきた音楽と一緒にピアノを弾きながら、美声が鳴り響かせておりました。
e0169088_23531410.jpg
 今回は「福原まり DUO」というタイトルのライブでしたので、彼女の他にも ”Language” というバンドのギタリスト「掛川陽介」さんや、デルジでは何度も気持ち良さを味あわせてくださった “Rose Noire” の片割れ「JILL」ちゃんが登場してくれました。
JILL」ちゃんの和らいながらも力強いロック的なヴァイオリンの気持ち!覚えておられますか?
僕も大本当に好きなヴァイオリンでしたので、期待いっぱいにしながらも、ゆっくしと見させて頂きました。
e0169088_23465360.jpg
e0169088_23472289.jpg
e0169088_23474265.jpg
 静かい柔らかい「福原まり」さんの歌声もさる事ながら「掛川陽介」さんのギターも新鮮な輝きに満ちておりましたし、「JILL」ちゃんの、爽やかながらもジャキっと心に刺さり捲るよ〜な強さ!
e0169088_23491032.jpg
 僕も本当に、嬉しさが溢れてくるよ〜な、素晴らしいライブなのでございました。。。
素敵なライブを見させてくれて、本当にありがとうございました。
 「福原まり」さんのライブは、次は7/3(金)に北参道の「STROBE CAFE」にて「〜ピアノと幻想の夜〜」というタイトルで、同じメンバーで行われておりますので、どうか時間があれば見に行ってみては如何なものでございましょう。
お勧めできるライブだと思っております。


  さて、ですが、、、ここでもう一つ。
実は、デルジでも世話になっているキーボーディスト「DIE」ちゃんのお話です。
彼はいろんなメンバーを集めて、自分中心でのライブを行っておられます。
『摩訶不思議』という名前で行われているんですが、実は去年の夏に、下北沢で行われたライブを見させて頂きました。
以前デルジも出させて頂いた「Cafe KICK」でのライブだったんですけど、それぞれの演奏も非常に前向きで柔らかいロックの世界なのでした。
しかも途中から “ライブペインティング” してくれた「及川キーダ」さんの目の前でのペンキでの芸術にも、本当に楽しませて頂きました。
 で、その場で飲み会だったんですが、その後半ぐらいに「次のライブには出てくれません?」って。
僕もやりたい気持ちが高まっておりましたので、すぐに出演するのが決定いたしました。
「年末にでもやろ〜!」って話してたんですが、知らないうちに時間が飛んで行ってしまいました。
で、今年の夏にライブという事になりました。

 DIE presents 摩訶不思議スペシャルVol.4~『オルタナイト』

     7/25(土) 19:00~ 渋谷 RUBY ROOM
               前売り¥3,500 / 当日¥4,000
e0169088_1942499.jpg

 「DIE」ちゃん以外は、Vol.2でも出演されていた ”MUCH-YO” のドラム「ひぐちしょうこ」さんや、 ”bulb” や ”LOOPUS” で素敵なギターをを聴かせてくれている「RITSU」くん。
他にも、別の人が歌わない曲を歌ってくださる ”ZEPPET STORE” の「木村世治」さんも参加する事になりました。
 今回も今までと同じよ〜に、それぞれのメンバーが集めてきたコピー等がメインのライブなんですが、「HAL が出演するのならプログレっしょ〜!」などと言われてしまいました。
何故そうなったのかは分からないのですけど、全体的にプログレッシブな曲ばかりになる可能性も出てきちゃいました。
まだまだ曲までは決まっていないんですけど、思いついたのは、プログレと言われるのであれば「四人囃子」しかないっしょ〜?、、、みたいな。
 でも、今までの「摩訶不思議」で想像してみると、もしかしたら昔のアイドルの曲やら、予想もしなかった大昔の名曲やらが出てくるのかもしれません。
どうなるかは分からないながらも、おそらくは盛り上がるライブにはなるでありましょう。
 RUBY ROOMの場所も、”109” の後っ側の細い道の真ん中あたりにある、小さなBARみたいなライブハウスです。
近いし、ある意味気安いライブハウスではあると思っております。
 さてさて、皆さんはど〜でしょ〜?
これだけのメンバーでのライブなんですから、誰しもが見るべきでしょ〜!
しかし、場所的には小さなライブハウスですので、もしかしたら早めに売り切れてしまう可能性も高いんじゃないっすかね〜。
もしかticketさえ手に入れる事が出来たのであれば、席が並んでいるライブハウスですので、そこに座って、結構目の前で演奏する僕らを、酒でも飲みながら見れちゃうなんて、、、そっりゃ〜来るっきゃ無いっしょ〜!
売り切れる前にでも予約して頂ければ、2ヶ月もしないうちに、この夏の楽しい事への期待も高まって来るのではないでしょうか。
来ると、ヘンテコな俺の歌も聴ける???
っかにゃ〜???


 さてさて、、、もう一つだけ関係無い話。
 実は先日、お昼の「徹子の部屋」に素晴らしいギタリストが出演しておりました。
大昔から大好きだったギタリスト「Char」という方なのでした。
e0169088_2011224.jpg
高校ぐらいの頃に日比谷野音に見に行ったな〜、、、とか思い出しながら、やっぱり未だに変わらぬ顔立ちの真面目さと、その喋り方のロックなグイグイさ加減を再び経験させて頂いたんですけど、その番組の後半に、実は久しぶりのライブが「武道館」で行われる事が分かってしまったのでございます。
そっりゃ〜見て〜じゃん!
いろいろ探しに探して、実は本日、そのチケットを手に入れる事も出来ちゃった訳でございます。
う〜〜〜ん、問題なく買えて良かった〜!
すでに2週間すら無いぐらいですので、見られる場所は、もしかしたら一番上の方なのかも知れないのでが、ジョニー・ルイス&チャーから凄さが分かったグイングインのギターの世界なんっすから。
他の人たちは、見たくはないのかな〜?
分からないけど、もしか見に行ける人でもいれば、ここから上手い具合にチケットを手に入れるのは如何なものでございましょう?
感動すらも待っておりますから。
しかも九段下でね。。。

それでは、、、また!
[PR]
by rock_capybara | 2015-06-04 19:45 | Diary | Trackback
トラックバックURL : http://capybarock.exblog.jp/tb/23212545
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Amon Duul II / ... 「牛込三中」友人と、     ... >>