Sia

 何年ぶりかのメールに感動しつつ、そのメールで勧めてくれた曲をパソコンで見させて頂きました。
勧める意味も分かるぐらいの映像でしたので、まずはこれから見てください。
オーストラリア出身のヴォーカル『Sia』さんの「Chandelier」という曲です。
e0169088_11574670.jpg
 微妙~な部屋を綺麗に作り上げるのも凄いんですけど、そこからSiaの綺麗な歌声!
そして、音に合わせて若い少女が踊り始めます。
女の子の可愛さもさることながら、その動きの予想外の表情や視線が前衛的に交錯する狂気な瞳には、なんとも目が離せないくらいに感じました。
 しかも、”Sia” の歌声の柔らかさには、初めて聴いても驚かされました。
調べてみると、彼女ははシンガーソングライターで、”ビヨンセ” やら “クリスチーナ・アギレラ” やら”エミネム” やらに曲を提供している方なのでした。


 では、次は「Dressed In Black」を見てください。

 暗い世界の曲ではあるんですけど、とっても綺麗な女性の映像で見てしまうと、かなり好きな曲に感じてしまいます。
これって “マッサン” の彼女の “シャーロット” じゃ無いですよね。
一瞬、彼女かと思っちゃいました。
でも、気持ち良く聴こえてくる歌声ですよね。


 いろいろ見ていたら、こんな番組を見つけました。
思いもつかない顔立ちで瞳は映らない「Alive」を見てください。

 悲しげなメロディーの曲ですけど、サビのメロだと来ますね!
“ I’m still breathing” で、強い呼吸が聴こえてきます。
悲しげなメロディーの曲ですけど、サビのメロだと来ますね!
“ I’m still breathing” で、強い呼吸が聴こえてきます。
 不思議な映り方だとは思いますけど、こんな風に口元だけでも見ながらだと、彼女の声の素晴らしさが見えてきます。
凄いですよね。
”Sia” さんは最近だと、こんなライブも多いみたいです。


 初めて ”Sia” の顔が最初から見られる「Soon We'll Be Found」を見てみましょう。

 これも、いろんな風景が鳴り響いている綺麗な曲ですよね。
本人も、自分なりの感情で、ある意味頑張っておられました。
e0169088_1202179.jpg
 さて、ですが、、、
この人をお勧めする気が早まったのは、こんな人が映像に参加する事になったからなんです。
有名な若き女優 “土屋太鳳さん” なのでした。
取り敢えずですが、2曲前の曲の太鳳さんヴァージョン見てあげてください。
Alive feat. Tao Tsuchiya」という、先ほども映像を流した曲です。

 これを録画するまでの彼女の努力を、番組で見させて頂きましたので、個人的は “太鳳” さんの気持ちまで分かる映像なのでした。
初めて見た方は、どう思われましたか?
彼女は、思った以上に素敵な動き方をしますし、とっても楽しめるビデオになってます。
楽しんで頂ければ幸いです。。。


 では、1曲目に踊ってた彼女が、ちょっと年上の男性と、今度は檻のよ~な  の中で、動き回るビデオの「Elastic Heart」を見てみましょう。

 イントロから気持ちの良い曲ですし、映像の世界も揺れ動きの連続です。
しかし素晴らしい動きの2人ですよね。
しかも綺麗なメロですし、多くの人に好かれる名曲だと思います。


 それでは、彼女のライブを見てみましょう。
新曲「Titanium」を去年のライブでどうぞ!

 やっぱり歌声の素晴らしさが飛び込んできます。
気持ち良い曲でした。


 これもライブではあるんですけど、こんな名曲のコピーは如何ですか?
Time After Time」という “シンディー・ローパー” の名曲です。

 元とは全然違った柔らかさで、やはり “シンディー” の歌声とは全く違った強さが見えてきます。
素敵な歌声なのでした。


 もう1曲だけコピー曲を見つけました。
“The Pretenders” の売れ捲った名作「 I Go To Sleep」とう曲です。

 無茶苦茶上手いな歌声ですよね。
あ!ライブ後の笑いながらの叫ぶんだ。
そんな感じのキャラキャラした女性だったんですね。
今まで聴いてきた名曲達は、こんな感じの女性から作られていた訳なんですね。
う~む、、、でも性格なんてど~でもい~ですよね。
どの曲も良いメロディーが多いし、そんな事は置いておきましょう。


 さっきと同じ女の子の表情と動きで楽しめる名曲「Big Girls Cry 」を見てください。

 女の子見てるだけで楽しめる映像なんですけど、やっぱり “Sia” の曲には、どれも心に残る強さに溢れております。
やっぱ、どれも良い曲だらけです。


 では、一番最初の曲 “Chandelier” の本人の歌いっぷりヴァージョン

 最初のを見たときに、踊りも含めて楽しんでは見たものの、こんな風に “Sia” の歌声の凄さまでは感じなかったかもしれませんよね。
“目を出さないライブ” っいうのは、予想もしなかった凄さなんですね。
皆さんも、本当に “Sia” の歌声の凄さが見えてきたのではでしょうか。
e0169088_1263039.jpg
 目の見えないライブで、直接2人の女性が踊りまする映像の「Elastic Heart」を見てください。

  “Sia” の作曲には、普通以上の前向きさを感じました。
踊りも2人とも上手いけど、そんな踊り方に支えられた “Sia” さんの歌声のパワーには、誰もが打たれてしますのかもしれません。


 曲の凄さが見える名曲「Eye of the Needle」を見つけました。

 多くは語りません。
気に入ってくれれば何よりです。


 最後の曲です。
アジア系の少女が動き続ける名曲「Alive」を見てください。

 気持ち良い名曲です。
動きの凄さにもヤられちゃいますけど、どうしてもサビメロだけは覚えちゃいますよね。
“Sia” さんの作曲家としての素晴らしさには誰もが感動して、“Sia” さんの事を好きになってしまう方も多いのではないでしょうか。
こんな不思議でアートな部屋での叫びを見て頂いて、今日はお勧めコーナーは終わりにさせて頂きました。
今日のお勧めは、『シーア』というヴォーカリストなのでございました。
長い間、ありがとうございました。
楽しんで頂けましたか?
でした。。。


 さて、『Der Zibet』のライブの日がやってきます。
 来週 20日、目黒の「鹿鳴館」に於いてのワンマンでございます。
皆さんも集まって、目黒を素敵な1日に致しましょう。

 それではまた来週!鹿鳴館にて!!!
[PR]
by rock_capybara | 2016-03-14 12:00 | MyuZick | Trackback
トラックバックURL : http://capybarock.exblog.jp/tb/24218349
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Ornette Coleman... GLIM SPANKY >>