<   2010年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

デル・ジベットは、多数のカピバラ達に支えられて、、、

『エンペラー・カピバラ・ロッジ』にようこそ。

去年、1年間に何回も素敵なライブをやらせていただきました。
いろんな場所から見に来てくれて、本当にありがとうございました。
演奏の力は、客の喜びが上昇させます。
良いライブやったやんけ〜!ってね。

でも、僕らは今年から少しずつ上の方に上昇し続けます。
思いもしなかった、良い支えも含めて、本当に少しづつになってしまうんでしょうけど、みんなが思ってる以上の上昇が待っておいでになります。
お〜!!!って叫んじゃうぐらいのバッチシな昔曲がデル・ジベットの中には含まれているんです。
もっともっと多くの音楽好きの人々にも、若人にも老人にも、どんな方だって音楽好きなら良いんです。
誰が聴いても、少しずつ好きになって行ってくれると信じております。
ISSAYだって、その顔が全然知られていないなんて、本当にもったいないですよね。
いっきなり高校生が見て「あれ?この人って綺麗な顔のヴォーカルね!」な〜んて言われたい。
焦らずにでも、そこにいけるのを祈り続けています。

そして、そこに向かって僕らも少しづつ上っていきます。
待ってろ!とは言いません。
ファンの方も含めて、少しづつやっていきましょうや!
やっていくしか無いんですから。
本当に本当に少〜しづつです。
良い事をゆっくり続けていきましょうね。。。
ヨロシクお願いします。

あなたのブログにLINKしていただいても結構です。
ヨロシクお願いします。
メール関係など、もろもろはここへ。
rock.capybara@gmail.com
ヨロシクお願いします!

川島 晴信
e0169088_0423718.jpg

 Diary

これからの日本の音楽界を見つめている虎の瞳。。。 1/10
初の高円寺ライブかな。。。 1/23
5バンドすべてがウニウにしたライブ、本当にありがとう!!! 2/12
初来日新バンド"OK Go”のライブ!!! 2/28
今年だって水戸華之介は暴れまくりなり! 3/11
今日は借りておいた「I am Sam」 3/28
初めて行った"新木場"での「PAVEMENT」!!! 4/9
野球場前での上昇ライブへようこそ!!! 4/25
湯島での旧岩崎邸。。。 5/2
マンダラへようこそ!!! 5/9
知られざり「ダマスコ」ざます!!! 5/23
最後のFABにいらっしゃいませ。。。 6/5
歯科後に"めんやかいじん"かな。。。 6/19
素敵っチョなライブをバッチシやらせて頂いて、、、 7/11
アメリカ村は始めてだったにしろ、、、グッド・ライブ! 7/19
ここも何年ぶりでしょう、1ヶ月後にライブです。。。 7/31
すぐにやって来る、吉祥寺ライブでございます。。。 8/15
DER ZIBETの歌も聴いたことの無かった、本当にた〜くさんの人々に支えられてのバッチグ~・フェス!!! 8/29
希望する事こそが素敵な人生なり。。。 9/12
バッチリググ〜!なイベントは楽しかったね。。。 9/18
連日ですみませんが、、、シャガール展。 9/19
まだ1ヶ月以上ありますが、、、渋谷BOXXなんてどない??? 10/3
同窓生との西伊豆への旅かな。。。 10/16
読めば心が震えるような『永遠の0』かな 10/31
ようこそ、OUE GOODY LIVE!!! 11/15
素敵な大阪に喜びを覚えるワタクシなり。 11/27
もう2週間後ですが、年末ライブです。 12/4
ミュ~ジック・ゴッドが僕らに贈ってくれた晴天の下での横浜ライブ。。。 12/19

 MyuZick

OK Go 1/16
Amon Düül Ⅱ 1/30
MUTEMATH 2/21
PAVEMENT 3/21
GODSPEED YOU! BLACK EMPEROR 4/4
Gentle Giant 4/19
HAPPY MONDAYS 5/16
ダウン・タウン・ブギウギ・バンド 6/13
Nomeansno 7/4
Third Eye Blind 7/25
The New Age Steppers 8/8
CAN 8/22
My Bloody Valentine 9/5
Stereolab 9/26
Iggy and The Stooges 10/10
NICO Touches the Walls 10/23
This Mortal Coil 11/7
Charles Mingus 12/11
安藤裕子 12/25




2009版

DER ZIBET
e0169088_2130541.jpg
          懐古的未来~NOSTALGIC FUTURE


行ってみると良!
[PR]
by rock_capybara | 2010-12-25 22:16 | Top | Trackback

安藤裕子

今年最後のお勧めMyuZickコーナーでございます。
実は去年の夏にもこの人を選んだことがあります。
でも、見直してみると、2曲しか見聞きが出来ませんでした。
なので、もう1回。

彼女は、本当に素敵な歌い手『安藤裕子』なのでございます。
e0169088_22203817.jpg

もう、この人の歌は、本当に素晴らしい歌い方なんですよ。
その歌からは、”愛”と”出会い”と”優しさ”と”別れ”と”希望”と”前進感”と”緩やかさ”と”しんなりとした寝顔”と”勇気溢れる笑み”、、、
そんな鏤められた世界が、彼女の歌う声の中を溢れまくっておるんですよ。


まあ、取りあえず1曲聴いてもらいましょう。
名曲、「HAPPY」です。

大切な宝物を大事に抱えて、ゆっくりゆっくり歩いて行きたい!!!な~んて事を思ったのではないでしょうか。
そこには、支えられている愛の素敵さ、も見えてきます。
関係無いけど、俺は彼女の瞳が好き好きなんっすよ。
とっても素敵な良い目だよね。。。


さて、2曲目には、彼女がヘンテコリンな前向きさの中、サクサクと踊り捲りながら歌い捲るという「パラレル」を見てください。

”悲しみを擦り抜けて、打ちのめさせられちゃう”、、、なんて、、、
パラレルの中に、人に対する愛を感じる、バッチグ〜な歌に打ちのめさせられちゃえばググ〜!かな。


ん~で3曲目。
影法師の忍ぶ「寂しがり屋の言葉達」。
雨の音が嫌いで、いつも張りつめたままに、、、
そんな自分の横に、いつの間にだか忍ぶ影法師。。。
ささやかな歌詞の中に、雨はシトシト、涙ヒラヒラ。
良い感じの緩やぎなり。。。


長くてすんませんが、4曲目。
いつもそばにいて欲しい、という「あなたと私にできる事」でございます。
2人の愛が(形あるもの)だと確かめたい、という彼女らしい2人の愛の世界でございます。

良いですよね、安藤裕子さんの言葉の端々まで。
前にも書いたけど、俺も死ぬ前に1度ぐらいは彼女にお会いしたいと思ってますです。
音作りも綺麗だし、話してみたら、とっても素敵な女の子じゃないかな~、、、な~んて思っちゃっておりますです。
皆さんも彼女の事を好きになっちゃったでしょ???


さて、最後です。
俺が何年か前に買ってしまったアルバムの曲ばかりを演奏したライブなんて、どう?。
アルバムは「Merry Andrew」なのでございます。
e0169088_22211636.jpg

まあ、最後の2曲は違うアルバムの曲みたいですね。
でも、このアルバム、、、1回聴いただけでも、ホンマに心の中がサラリと揺さぶられちゃうんですよ。
本当に好き好きなググ〜・アルバムなのでございます。
でもね、、、もし、みんなが買うのなら、去年このコーナーでも書いた2枚組のベスト・アルバムの方が良いんじゃないですかね。
ベスト版なら、シャリンシャリンと心も揺れるようになるんじゃないですか~!
まあ、去年のコーナーも見直してみてくださいね。
ヨロピクっす!


まあ、去年にも見聞き出来るようにしておいた「のうぜんかつら」を、もう1回書いて、これで最後にいたしませう。

ピアノの音と彼女の声の中、優しい気持ちに支えられたまま、ググッと涙が溢れて参ります。
凌霄花(のうぜんかつら)は、オレンジ色の綺麗なお花の名前でした。
e0169088_22214573.jpg

この花を見ながら、もし良ければ、また何回か聞き返してあげてくだされ。
あ、関係無いけど、彼女のページでも新アルバムの最後の曲が見れるらしいですね。
彼女の新しいアルバムの、もしかしたら良いかもよ!!!ってか???


ふ〜、、、取りあえずの今年最後のお勧めミュージシャン・コーナーなのでございました。
まあ、こんな感じで、今年の『エンペラー・カピバラ・ロッジ』も終わりにさせて頂きますね。
来年からは、みんなでグイグイに上の方に上っていきましょうね。
デル・ジベットが来年からは上昇し続けられる事を信じて、今後もこのブログを頑張らせて頂きますね。
今年も1年間、本当にありがとうございました。
皆さんも素敵な良い年を迎えていってくださいね。
また来年にお会いしましょう。
また!!!です。。。
[PR]
by rock_capybara | 2010-12-25 22:00 | MyuZick | Trackback

ミュ~ジック・ゴッドが僕らに贈ってくれた晴天の下での横浜ライブ。。。

皆さん、遠くまでゆっくしと見に来てくださって、本当にありがとうございました。
日ノ出町駅にある「The Club Sensation」での素敵なライブでございました。
あのライブハウスは「TENSAW」のリズム隊の2人が今年始めたライブハウスです。
昨日も、2人ともちゃんと仕事をしていらっしゃいましたね。
1977年に結成されていた「TENSAW」は、一時停止と再結成を何度もしておられましたて、1992年から停止状態でございました。
でも、今年になって本格的な再結成を希望する方々の声の強さに、本格的な再結成を決めたのでございました。
そのうち皆さんも「バッチグ~なライブ」でも見に行ってあげてくださいね。
俺も時間があれば見に行ってあげたいと思っております。

いや~、GRICOさんとmichiakiさんに会えたのは何年ぶりだろう。
2人とも、ホンマにカッチョ良いミュ~ジシャンなんですよ。
ゆっくり良い話が出来て良かった良かった。。

あ、michiakiさんのベース・ソロを見つけました。
やっぱ、彼のベースは物凄いっすよね。
見に行きたくなるでガショ?


さて、今回のライブです。
まずは「DIEちゃん」周辺の人達の今回だけのバンドなのでした。
順番にいろんな人が出て来ての演奏でした。
でも、中盤にmichiakiさんが出て来てからやった、キング・クリムゾンの「21世紀の精神異常者」には、ジャキンジャキンと心が揺れたのではないでしょうか。
やっぱ全員演奏が強いですよね。
良いライブだと思いましたです。


さてさて、我々のライブがやって参りました。
でも、個人的に思った事が有ります。
あそこのステージ上では、本当にググッと来る音だらけだったんですよ。
もしかしたら客席からは音が少し違ったのかも知れませんね。
外向けのアンプの状況も有るのかも知れませんが、メンバーが感じていた音とは違っていたのかも知れません。

でも、ライブ自体は良かったですよね。
完全に目の前での演奏だし、大きなライブハウスで見るのとは違って感じたのではないですか?
動き1つもみちかで見れたし、グイグイッと来るライブだったしょ?

俺の髪型も、以前以上にサイケデリックになってたでしょ?
シャキシャキツンツンの後頭部と、シャリンと延びるエクステの色合い。
さすがの美容師様々。


再結成以来、一度もやらなかった曲が3曲も含まれておりました。
いや〜ベース原音コピーも、なかなか大変でしたね〜。
あんな若い頃に、良くこんな面倒なベース弾いてたよな~、、、って、個人的感心をしながらもも、頑張って今風に変更したバッチリ・ベースを演奏にさせて頂きました。
盛り上がっちゃう感じが、なかなか良かったでがしょ?


今回のライブの後半で、何年ぶりかの「DIEちゃん」も出演してくれました。
キーボード2人って~のも、良い感じだったでしょ?
奴も俺の目の前で、ブリブリに盛り上がって演奏してくれました。
途中でビックリした”サックス”もブラシャカピュ~パララだったし、見ながらもゾクゾク心に来ちゃう感じが、皆さんにもあったのではないでしょうか。

しかも、アンコールの1曲目で、メンバー全員が、クリスマス様周辺の姿になりました。
盛り上がり過ぎる曲になって、会場全体がグイグイでしたよね。
ヌププ。。。


しかし、あれだけの満員のライブは、再結成以来初めてでしな。
場所は小さめだったし、みんなも見るのは大変だったんじゃないですか?
でも、あんだけ混んでても、その場で踊れればググンチョですよね。
みんなの楽しそうな顔を見るだけで、俺もバッチシ盛り上がりましたよ。
楽しかったよね!!!


初めて行ったライブハウスで見れた、バッチリグ~なイベント・ライブ。
見られたみんなは、本当にラッキーだったんじゃないでしょうか。
良いライブの演奏が出来て、本当に良かったと思ってます。

次のライブは、来年の2月に「東京」「大阪」にやってきます。
そのライブは、前にもやった事が有る、みんなで座って見れる、というバラード風のライブです。

来年の『DER ZIBET』は、そのライブから、ググイと始めさせててまいります。
個人的には「盛り上がるに決まってる」と思ってる、DER ZIBETの上昇は、すぐそこにやって参ります。
「そんな素敵な状況の中で、ガツガツっと頑張る!」なんて〜のが、ホンマに良い事だと思います。
年が明けたら、すぐに見えて来ます。完全なる個人期待です。

「神の力の晴れわたった空の下、ゆっくしと信じ続ける、、、そんな48歳の老人」それこそが俺なのでございます。
駄目だ!と言われながらも、普通には戻って来れない、駄目駄目な子供頭のじじ〜、、、
でも、期待するのは良い事でしょ?
ってね。


もし出来るならば、表紙のアドレスにメール頂けませんか?
「見たよ!」って書いてくれるだけで結構です。
返信は書きませんが、もしメールもらえたら、本当に嬉しい気持ちで笑顔が出ますです。
ヨロシクお願いしますね。

まあ、また来年の2年にライブでお会いしましょう。
皆さんも良い年を迎えくださいね。
長らく見て頂いて、本当にありがとうございました。
取りあえずでございます。
また!という事で。。。
[PR]
by rock_capybara | 2010-12-19 19:00 | Diary | Trackback

Charles Mingus

去年も、このブログの「MyuZick」に書きましたけど、その頃の僕は”You Tube”を知らなかったので、なかなかホムペでの見聞きをさせて上げられなかったんですよ。
なので皆様にも、彼の音楽に対する素晴らしさを知って頂きたい!という事で、この年末ににおいて、彼を再度お勧めとさせて頂きます。
知っている方も沢山おられる「チャールズ・ミンガス」なのでございます。
e0169088_21301181.jpg


まずは取りあえず、最もお勧めする曲でも聴いて頂きます。
ファースト・アルバム「Pithecanthrops Erectus(直立猿人)」の1曲目でございます。

( 皆さんが見ているようなので、もう一度ここを見に来ましたが、公開していたのが終わっちゃってるのがあったので、もう一度探しました。
見つけたのが、<full album>でしたので、素晴らしいアルバムがユックシと聴けまする。
ワインでも飲みながら聴くのも良いとは思います。
でした。。。)


この曲を聴いているうちに、その辺にある土砂の道の上を、グングンっと歩き回りたくなっちゃうような、そんな前向きなイメージが溢れてきます。
俺は、このアルバムが1番好きなんです。
”You Tube”だと、タダで聴けます。
良い感じです。


さて、演奏パターン。
一緒にやってたドラマーの”ダニー・リッチモンド”と2人でやってる、>リズム隊の演奏+喋り
若〜い頃の映像ですね。
昔からベーシストとして上手かってですよね。
喋りも彼らしい、かも。


死ぬ直前の頃の語りながらの演奏
良いよね、この見せ方って。

e0169088_21254941.jpg

まあ、アルバム「MINGUS AH UM」からの、イェ~なBird Callsでも聴いてくだされ。
ヘンテコリンに踊りたくなる、グイグイの曲ですよね。
この人の曲の作り方には、ジャズの世界にいながらも、何となくプログレッスブな匂いも感じてきます。
プログレ・ジャズかぇ、、、ってか???

e0169088_21264973.jpg

しょうがないから「The Clown」のテーマ曲などいかがなもんでしょう???
表紙みたいにピエルなイメージの曲ですね。
あんな変梃な格好で、スキャラスキャラと踊り回る世界も見えて参ります。


あ、彼のブルースかい。
なるほど、弓で弾いてるね。
やっぱ、何やっても上手い三昧ですね。


は~、、、長くなってしまいましたね。
まあ、みんなも暇な時間なら、このぐらいにジャズばかり聴きまくる、、、って〜のも、なんか良い事でじゃないでしょうか?
良い感じであったでがしょ???


取りあえず最後にバラード風の曲です。
長い曲名の「The Shoes Of The Fisherman's Wife Are Some Jive Ass Slippers」でございます。

3分で出て来る”チャッチャッチャラ!”って~のも良いでしょ?
曲を聴きながら、本当にいろんなイメージが見えてきます。
この人の曲の作り方には、心がググッと揺れてくれます。


良い感じの曲だらけのコーナーでございました。
彼のジャズを聴いてる時って、温かいレモンティーもあいますよ。
やっぱ、紅茶を飲みながら、窓の外の車とか、人並みとかを眺めながらのJAZZ、、、って~のも良いでがしょ?

e0169088_21284099.jpg

あ~〜〜、でももうしょうがないから「Oh Yeah」からの叫びとそよぐ風の音をも聴かせましょう。
これも素敵なアルバムございます。
まあ、これを聴いたら、今日のお勧めコーナーは終わりにさせて頂きます。


う~む、今回は1時間以上もかかっちゃったんじゃないですか?
でも、そんな時間は、それで良き!ですよね。
長らくの間、本当にありがとうございました。
取りあえず、”ミンガス”を聴いてから、1週間後にライブ、、、って〜のも良いでしょ?
まあ、来週に「The Club Sensation」でお会いしましょう。
ゆっくし見に来てチョン。。。
[PR]
by rock_capybara | 2010-12-11 21:30 | MyuZick | Trackback

もう2週間後ですが、年末ライブです。

知っている方もおられるかも知れませんが、、、
その昔「TENSAW」のメンバーだった、ベースのMichiakiさんと、ドラムのGRICOさんが、この夏から始めたライブハウスでのライブです。
12/18(土)『横浜THE CLUB SENSATION』でのイベント・ライブなのでございます。
対バンは"DIE with special session"で、”Michiakiさん”も出演されます。
彼は、とっても好きなベーシストなんですけど、ダイちゃんに言わせると「ベースの音がデカ過ぎるよ!」との事でございますが、そんな事考えずに楽しく見たいワタクシでございます。

まあ、東京からの方々にとって”日ノ出町駅”は遠い所ですよね。
でも、ゆっくし電車に乗って、皆さんも楽しみに見に来てくださいね。
毎回のライブの事ながら、その時にしか味わえないような、バッチグリグリググ~~~!!!な演奏が、皆様の笑顔を待ちくたびれて、その辺で寝転び捲ってるような、そんなヘンテコリンな現状なのでござりまする。ってか~?

最近のイベントでは、なかなかそうならなかったような”売り切れ状態”みたいですね。
俺もビックリ仰天!
対バンも含めての、イェ~!な売り切れなんでしょうね。
みんな買ってくれてありがと!
みんなで頑張って楽しい日にしましょうね。
ヨロヨロピ~ヒョロロでござりまする。


まあ、ライブとは関係の無いんですけど、この夏から、俺の頭の中の本の読みの力が、本当に昔みたいな読みに戻ったような気がします。
前にも書いたけど、読む本の力強さも見えてくるようになったのでした。

それで、今回読んでたのは、その昔に買って楽しく読んだと覚えている小説、村上春樹さんの『ノルウェイの森』でございます。
後ろの方を見てみると、買ったのが1994年なので、バンドの後半に読んだみたいですね。
ただ、内容なんてほとんど覚えてなかったので、今風の頭の中で、楽しみに読ませて頂きました。

『ノルウェイの森』を読むと、”人との出会い”と”恋”と”精神的な病”と”手紙の中での文字の力”と”鬱病の為の山の中のクリニック”と”友人の死”と、、、
そんな、すべての事が、心の中をユラリユラリと流れていくような、そんな素敵な小説なのでした。
皆さんは、細かい事とかは、ゆっくし読んでから考えてくださいね。
今の僕がお勧めする小説、村上春樹さんの『ノルウェイの森』なのでございました。

でもね、読んでる途中に、本屋で『ノルウェイの森』が、別の色の表紙で山積みされていたんですよ。
ビックリしながら、夜中にTVで分かったのが、それが『ノルウェイの森』映画になったのが分かりました。

この映画が、なんと物凄いキャストなんですよ。
主演は”松山ケンイチ”さんで、”菊地凛子”さんも重要な位置におられますしね。
しかもYMOのリズム隊の2人も出演されてるみたいなんですよ。
おそらく良き映画になってるでしょうね。
まあ、来年にでも見に行こうかな???

う~む、普通に小説が読めるようになったのは、本当に嬉しい事ですよね。
ちゃんとした頭になったから、去年読んだ小説も読み直してみようかな。
多分、去年とは見え方が変わるんでしょうね。
良いのを見つけたら、又ここに書きますね。
楽しみに待っていてくださいね。
こちらもヨロシク!という事で、今日は終わりにさせて頂きます。
今回も長らく、ありがとうございました。
それでは、また。。。


後で分かった映画の事。
監督はベトナム人で、音楽はレディオヘッドのギタリストでした。
なんか力強さを感じますよね。。。
[PR]
by rock_capybara | 2010-12-04 21:30 | Diary | Trackback