<   2018年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

黝ずんだ雲に覆われて、、、

 不安な天気の地球ではございますが、カピバラ達も其々、不安も恐れずに生活を送っておられるのでありましょう。
アートには見えて来るんですけど、そことなく黝ずんだ雲に覆われて湿っている場所なんですけど、彼らには彼らなりの幸せな生活を送れている気が致します。
そこには、事件や悩みも含まれているでしょうし、悲しい表情になる時もありましょう。
でも、その苦しみの中には、何処かに見つかる喜びも見えてくるのでありましょうし、ず~っと悩んでいる必要も無いのかも知れません。
 どんな状況の方でも笑顔に戻れるであろう『DER ZIBET』のライブは、もっと多くの方々にみに来て頂きたいと思っています。
刺さって来るぐらいに力強い音像で、その中には悲しくなったり悩んだりする景色も見えるとは思います。
でも、そこに思いもよらない喜びも見えてくるのでありましょうし、辛さを支える優しさにも気が付いて頂けると思っています。
 そんな気持ちで客が増えてくれる事を祈りつつですが、どんな時でも素晴らしい生活を送っていきましょう。
喜びこそが素敵な人生なんですから。。。
 今年も楽しい一年にしていきましょう。
カピバラ達と共に!!!

メールはこちらへ  rock.capybara@gmail.com
返信はしませんが、必ず読みますので一言ください。。。

川島 晴信
e0169088_15363901.jpg
Diary


[PR]
by rock_capybara | 2018-01-17 16:19 | Top | Trackback

さて、、、戌走っちゃう?

 『DER ZIBET』が先に進んで行く為の通路は “犬走り” です。

そこまで狭い通路ですので、そこを抜けて行く時には、そこら中に大きな音が鳴り響きます。

他人には邪魔に聴こえるのかも知れませんが、僕らには、アートに弛んでいるサウンドに聴こえてくるんです。

もしかしたら ”弛緩” こそが『DER ZIBET』の上昇を保護してくれるぐらいの和らぎでなのかも知れません。

e0169088_15583142.jpg

 ”犬走り”を調べてみました。

物置を設置する場所は “犬走り” と呼ばれる砕石が敷いてあり、防犯用に人が歩くと音がするようにしてあったり、母屋の壁に雨水の跳ね返りが無いようにするものであったり、土砂の流入を防いでくれるようになっているらしいんです。


 でもま~、そんな事はどうでも良いんです。

どこに進む時にでも<小走りにでも ”戌走って” 行きましょう>!

その道の先には、輝くような何かが見えてくるに決まっているんですから。

どんなに苦労が見えてきたり、どんなに辛い気持ちになったりしても、その辛さの先には、何かしらの笑顔になれる喜びが待っているのですから。

そんな輝きに突き進んで行く為にでも、みんなでどんどん先に進んで行きましょう!


 とっても遅くなってしまいましたが、今年最初の日記なのでございました。

皆様方も、楽しい生活を送って行ってくださいませ。

 今年もよろしくお願い致します。。。


 序でなんですけど、先日TVで見させてもらって、その素晴らしさ故に探して購入することになりました。

「書きづらいボールペン」を2つも買ってしまいました。

22cm&30cmのボールペンですのから、そのまんま文字も書ける訳でございます。





[PR]
by rock_capybara | 2018-01-17 16:00 | Diary | Trackback