原マスミ

 昔から大好きであったヴォーカリスト「原マスミ」のライブを見に行きました。

 名前の知らないという方も多いのですが、実は長年に渡ってCMで声を出していて、喋り方を聴くと覚えてる方も多いとはとは思いますけど、それはまあ置いておきましょう。

彼のワンマンライブ『真夏の夜の弾き語り』を見に行って来ました。

e0169088_18190773.jpg

 聴いて欲しいと思って探したんですが、YouTubeでアルバムごと聴ける形になっていました。

 本当に素晴らしいと思えるファースト・アルバム「イマジネール通信」です。


 ただ、全部聴くと45分ぐらいかかってしまいますので、1曲目の名曲「ズットじっと」から数曲だけでも聴いて見てください。 彼の歌いっぷりは物凄く好きだったんですが、彼の作り出す曲の全てには、何よりも言葉を選ぶ素晴らしさが溢れています。しかも音作りに於いても、何とも予想外な展開になっていて、周りにいた方々のアイデアにもビックリさせらます。

 これだけ好きと言っていながら、ライブを見るのは初めてでした。しかもアコースティックなワンマンですので、本当に楽しみに行って来ました。 場所は、“デルジ” が何度も出させてもらっている「南青山MANDALA」でした。

 1stアルバム「イマジネーション通信」からの名曲を聴きたい気持ちでいたのですが、1曲もやりませんでした。でも、ギターを弾きながらの歌いっぷりには感動させられるシーンも多かったです。 アコースティックでの映像を探たのですが、見つかりませんでした。

 仕方がないので、3年前のライブをアップしますので、60歳を超えてしまっている「原マスミ」の表情を見ながらでも眺めて見てください。

 これも名曲でしたね。

いろんな言葉の向こうっ側には、それなりに輝いている風景が見ます。

 予想外の顔立ちなのは分かっています。でも、これも名曲でしたね。いろんな言葉の向こうっ側には、いろいろな風景が見えて来ます。こんなイメージにしようというアイデアと創造力すごさも見えて来ますし、皆さん素晴らしい演奏での素晴らしい映像でした。

 それでは2曲めに「それぞれボレロ」という名曲のライブ版を見てあげてください。でも、無茶苦茶にに小ちゃな歌声から始まりますので、大きめに上げてからでも歌詞を聴いてあげて下さい。因みにですけど、ギターの演奏ぐらいから音が大きくなって来ますので、大きすぎないように段々と下げながらでも聴いて見て下さい。面倒臭くて申し訳ない。

 この曲も優れた歌詞だと思います。5分後ぐらいから凄さは倍増して来ます。しかも強く歌いながら、それを現す為の彼の行動の素晴らしさは、おそらく「原マスミ」にしか表せない世界だと思っています。誰もが1人ぼっちもともとみ~んな1人ぼっち 後半に盛り上がり始めてからの行動力の凄さを見ると、曲を演奏する時のアイデアは凄さを感じます。見てるだけで真面目に見えますし、多くの人に愛されるミュージシャンだと思っています。

 どこかのテレビで放送された映像どこかのテレビで放送された映像も見つかりました。「久本雅美」や「たま」とのお喋りで、本当に彼の真面目さも見えて来ました。 「たま」も、似たようなへんてこな真面目さでしたし、「久本雅美」は彼がどんな人間であるのかを探りながらのお喋りでしたけど、最後の「そりゃそ~だよ!」っていう言葉にグッと来ました。

 序でなんですけど「たま」と一緒のライブを1曲だけどうぞ。 懐かしの「たま」らしい映像ですよね。でも、これも名曲なのでした。

 取り敢えずですけど、数年前にも「原マスミ」を勧めさせてもらっていました ただ見られなくなってる映像も多いですけどね。

 彼は素敵な絵を描かれています。

e0169088_18244370.jpg

 いくつかの絵を見ると、何となくですけど、色んな曲の風景さえも見えて来るような描き方何です。


 ライブ終了後に「原マスミポストカードセット」を見つけましたので、それを買ってから帰りました。

 期待していた曲も聴けませんでしたけど、やっぱり直接見に行って良かったと思っています。流石に全曲が凄い訳では無かったのですが、「原マスミ」さんのライブへのパワーを感じましたし、歌い方や演奏時の行動は、今だに昔と変わらないぐらいでしたし、歌声の柔らかな上手さ感じさせてもらいました。いいライブを見させて頂いて、本当にありがとうございました。

それでは、、、また。


[PR]
# by rock_capybara | 2018-08-26 18:30 | MyuZick | Trackback